BG250-208

  • 2016.02.16 Tuesday
  • 23:45

正月明けに購入したベースアンプ...BG250-208(tc electronic)を、先ごろやっと「実用審査」(?)する機会があってね。場所は「Beale Street Blues Band」の音合わせ拠点にしている、札幌市手稲区の三響楽器。8畳くらいの小さなリハスタなんだけど、そこへ持ち込んで、普段の音合わせがてら少々いぢってみた。
 


最近のベースアンプのカタログ上のスペックって、何をどう基準にして表記してるのか全然解らんわ。私ゃ「BASS CUB」も持ってるんだけど、あれはカタログ上「最大出力100W」になってる。で、こちらもカタログ上は「出力250W」...3〜40年前の経験値で言えば、両方とも「え?...これの?...どこが?」って感じだけど、まぁとりあえず実用には耐え得るか。やはり生のドラムと対抗するには少々心もとない体感パワーだけど、音質は好きだしね。

追々こちらで詳細を書いていこうと思うけど、ひとまず「ライブで使うのなら、小さいハコ限定」って感じかな?
コメント
たぬき氏、はじめまして...情報ありがとうございます
残念ながらウチのBassCubはチルトスタンドが付いてない初期型
でも、機会があったらBC250との組み合わせ、試してみようかな?
両方とも音質には問題ないので、楽しみです
また遊びに来てください(^-^)
  • Louis
  • 2016/03/30 9:02 PM
失礼します。
昨今はアンプ関係は専らPJB使いのたぬきです。よろしく。
ベースカブに同社のパワードキャビネットのPB-300を繋ぐと結構良い感じになると思います。
同じく、ベースカブのラインアウトをBC250-208に繋ぐのも有効。
その際、エフェクターのリターンに繋ぐのがポイント(要するにプリアン部分をスルーしてパワードキャビネットとして運用する形。)。

その際、BC-250-208の上に置いたベースカブの脚?を出して斜めにすればモニター環境が改善すると思われます。

良かったらお試しください。

ところで、PJBでは4月下旬に出力100W。新開発7インチ×2発+ツィーター付きの1チャンネルの新作コンボアンプ『セッション77』を発売するとの事で、 予想実勢売価は5万円位らしいです。
  • たぬき
  • 2016/03/30 6:55 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM