何やってんの?JR北海道

  • 2019.12.19 Thursday
  • 19:07

昨夜は、友人の父親のお通夜があった。斎場は、南小樽駅と小樽築港駅のちょうど中間。滞りなく済んだ後、Stamp Bandの「ともぞう」が車で送ってくれるってんで、私ゃ「じゃぁ、南小樽駅まで」と頼んだ。私が降りる「銭函」とは逆方向だ(小樽築港駅の方が近い)けど、どちらの駅から乗っても運賃は一緒だし、南小樽駅には「セブンイレブン」が併設されているからね。そこで缶チューハイ(か、ハイボール)でも買って、電車ん中で一杯やりながら帰ろうと思ってさ(小樽築港駅に、キオスクはない)

 

んで、南小樽駅前で「ありがとね」と別れて、駅に入ったら...

 

「只今ナントカ方面の線路支障により、小樽方面、札幌方面とも列車が大幅に遅れております!」というアナウンス。え?と思って改めてスマホを見たら、坊さんの説教を聞いている最中の時間帯に、電車の遅延情報が入っていた。斎場では当然マナーモードにしてたし、確かに「ブルッ」と来た気もしたが「どうせ、いつ読んでも良いメールか何かだろう」と思ってたからなぁ〜

駅の電光掲示板を見たら、札幌方面の次の電車が来るまでに40分以上もある。待合室はごった返しているし、ベンチも当然空いていない。ここで立ったまま待つべきか...それとも、小樽駅前の自宅に戻る「ともぞう」を電話で呼び返すべきか?

 

やっぱり、今更呼び返すのは気の毒だと思ってね。結局ちょっと離れたバス停まで歩き、市内バスでさらに逆行して小樽駅まで行って、駅前の「ドンキ」で暇つぶし。そうと判ってたら、最初っから小樽駅まで頼むんだった...とほほ。

 

で、昨夜に続いて本日は...

 

定期的に通っている市立小樽病院に用事があり(診察じゃないよ)午前中に銭函駅へ。乗る予定の電車は定刻通り入線して、それに乗ったは良いが、あれ?っと気が付くくらい電車のドアが閉まらない。そしたら「この先の朝里駅までの区間で、線路点検をしております。発車まで、しばらくお待ちください」という車内アナウンスが...って、何だよそれ〜。

結局車内で30分近く待たされ、発車したは良いが朝里駅まで「徐行運転」...いつもなら、降車する南小樽駅までは15分もかからないが、本日は1時間近くかかってしまってグッタリ...とほほ。

 

いや!「とほほ」ではないっ!...これが「天変地異」とか「踏切事故」とか「鹿が飛び込んできて自殺した(?)」とかなら、まだ話は解らんでもない。でも、昨日も今日も「線路支障」や「線路点検」でしょ?(いつぞやの理由は、車両点検)

 

夏場も冬場も関係なく、しかも今始まった事でもないが、どうもこの「ごく基本的な日常の運行」に関わる不具合に関連する遅延・運休が多すぎる!

昨日も今日も「大暴風雪」だったとか「気温がマイナス数十度」だったワケじゃないっしょ。昔のCMで「冬こそJR」と高らかに自慢してたのを、私ゃ決して忘れてないぞえ!

 

 

10月から「1.02倍」どころか「1.2倍以上」運賃を値上げしておいて、その言い訳に不満がある私としては尚更、何だよこのザマ...と、余計に腹が立つ。

 

まぁ確実に30年以上JR北海道ユーザーである私が文句を言っても、誰も文句あるまい。どうせ関係者(とりわけ、お偉方)は、誰も読んでねぇ〜し。

 

本日の日めくりカレンダーには「進むに吉」って書いてあったんだけどなぁ〜...とほほ。

 

いや!「とほほ」ではないっ!...と、ふと我に帰り、何行か前に戻って延々と無限ループしたい気分です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM