たらこスパゲッティ

  • 2019.12.13 Friday
  • 18:50

【昼食の塩分は2g未満】

2019年7月に「高血圧」と判定された私。原因は「元々血圧は高めだったのに、しょっぱいものが大好き」な私が(退職後ほぼ毎日)自分の好きなものを好きなだけ作って食べ続けていた「塩分過剰の昼食」に決まってる。「1日の食塩摂取量は6g未満」を推奨(ってか、義務付け)された事だし、身体的に将来起こり得るリスクをいくらかでも回避するためにも、今は「自作昼食の塩分は2g未満」を常に心がけている毎日。

 

ある日ウチのヤツから「たらこがあるから、明日のお昼は『たらこスパゲッティ』を皆んなで食べよう」という提案があった。我が家では何故か昔っから「たらスパ」は私が作る決まりになっている。「おっ、良いねぇ〜...久しぶりだしなぁ〜」と返事したは良いが、待てよ...と。

 

何だか「たらこ」って、いかにも塩分の塊のような気がしてね。そこで「たらこ 塩分」で検索してみたら、意外にそうでもない事が判明。もちろん結構バラツキがあるし、極端な数値を掲載しているサイトもあったけど、結局は100gあたり「多めに見積もっても6gが良いところ」って感じ。今回のたらこは少々小ぶりで、一人前の基準にしている半腹(つまり、例の一塊)は25gほどしかない...って事は、たらこ自体の一人前の食塩相当量は、せいぜい1.5g程度だろうと推測。まぁ他にもスパゲッティを茹でる時に塩を加えるし(個人的には、水1ℓに塩を小さじ山盛り1杯...つまり7〜8gくらいが丁度良く、これにより麺に加わる食塩相当量は1.3g程度...こちら参照)バターも使う。とはいえ、それでも一人前の食塩相当量は、これまた大雑把だけど3.0g以内には収まるだろうと自己判断。確かに「昼食の塩分は2g未満」という点では完全に掟破りだけど、でも自分の分だけ「無塩でスパゲッティを茹でる」までもあるまいと。まぁ、たまにゃ〜良いべ...何せ「食塩相当量3.0g程度の昼食」なんて、7月以降一度も口にしてなかったからな。

 

で、親子三人で久しぶりの「たらこスパゲッティ」を食べた...なまら美味かったわ(自画自賛)

 

まぁそれはそれで良いとして、我が家は三人家族。一人前半腹使うと、ちょうど半腹残る。それを過日、昼飯に「一人たらスパ」を作って消費しようと試みた。そん時ゃスパゲッティを茹でる時に塩は加えなかったから、掟通り「塩分2g未満」に収まったはず。で、食べてみたのは良いんだが...

 

 

ん〜〜〜...確かに「たらこ」の味はするし「バター」の風味もする。でも、麺自体が味も素っ気もないので「不味くて食えたもんじゃない」ってワケでなないが「こりゃこれでアリ」という感じもしない。

 

「ケチャップ」や「ピザソース」を加えて「ナポリタン」仕様にするなら、スパゲッティを無塩で茹でても何とかなる。でも「たらスパ」や「ペペロンチーノ」にするなら、茹でる段階で「塩」の投入は必要不可欠...やはり麺自体に味がついてないとダメだな。

 

たらこ半腹を私一人で食うなら、わざわざスパゲッティと和えるまでもなく「素直に飯の上に乗っけて食べた方が、梅干しより遥かにマシ」ってところか。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM