野獣「Helen」

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 16:24

A.LIVEが移転するので、現店舗への感謝パーティー&ライブにStamp Bandで参加」って話は既出。で、私ゃ現店舗の開店の時に「手ぶらで来たお客さんが、気が向くままセッションする...なぁ〜んて時に、自由に使えるベースが必要なのでは?」と思ってね。そういう時に少しでも役立ってくれれば...と思って、開店当初(2016年2月)から「Helen」(StingRay'79)をず〜っと置かせてもらってた。元ベーシストのママも喜んでくれたし。

 

結局そういう状況はなくて、ず〜っと展示品のような感じだったけど(それはそれで、全然OK)...ただ私自身は今まで、Stamp Bandがライブに参加する時に「会場はA.LIVE」なんて場合は、モノ凄く重宝してた。店に置きっぱなしだから「A.LIVEのリハスタで音合わせ」とか「ライブ本番」って時も、私ゃ手ぶらで済むからね。他のスタジオで音合わせする時は、自宅から「Hanna」を持参すりゃ良いだけだし。

 

 

でもこの度はお店が移転する事になって「引っ越しの時に、ヘンに気を遣わせちゃ悪いよな」と思ってさ。今回の本番数日前にStamp Bandの音合わせがあったから、お店に寄って「Helen」を回収して(A.LIVEとは別の)リハスタへ。そん時、ほぼ1年ぶりくらいに弾いてみたんだけど...

 

 

やっぱ良いよ、これ。根が「ギャンギャン・ブリブリ」で過激な音だから、Louis Jhonson風の「ファンクなチョッパー」が実に良く似合う。メンバー全員集合前にドラムのBukiちゃんと二人で遊んだけど、そういうプレイスタイルで鳴らす時の彼女は、まるで野獣だ!...獲物に襲いかかる女豹だっ!

 

いや、あの...普通に弾いても良い音ですけど。

 

Stamp Bandは5弦の「Catherine」が必須のような曲は、出し物の候補に挙がった事はないし、これからもないと思う。「Helen」も40歳になったし、かなり以前から相当ネックが怪しくなってきてる。でも、他のミュージシャンのサポートをするような時も含めて、できればこれからも実戦で使いたいと思ったわ。

 

私ゃ昔っから、楽器のキズや打痕は全く気にした事がない...「粗雑に扱っている」という意味ではないよ。だから「Helen」は、私が現在所有しているベースの中で「(歳相応に見た目が劣化した)古女房」って呼び方が、一番似合う相棒なんだよな。まぁ予定通り、このリハの後は自宅に持ち帰って、今回のライブの本番は「Hanna」を使ったけども。

 

A.LIVEの新店舗でも置かせてもらえるのかなぁ〜...オープンに先立って、偵察してくるか?

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM