スカイレストラン

  • 2019.10.04 Friday
  • 15:53

本日は、小樽市立病院(いわゆる樽病)に行ってきた。予約制の診療科目じゃないし(いや、例え予約制の科目であっても)自動受付してから診察室に入るまで1時間半以上待たされるのは当たり前。午前11時10分頃に病院に着いて、診察してもらって診療費を払ったのはちょうど午後1時。腹も減ったし「どこかで何か食ってから帰るか?」という事で、そんな時の定番...最上階にある食堂「美味しんぼ」で腹ごしらえ。

 

樽病の2階には、コンビニ「セブン・イレブン」も入っている。そこで買ったものを、店の前にある「休憩・談話コーナー」みたいな場所で食べる事も可能だけどね。

 

ホントここ、眺めが良いんだよねぇ〜。ただし、お店の中は「窓の下」ではなく「窓と窓の間」にテーブルを置かざるを得ない構造になっているので、食べている最中の真横に見えるのは、余り面白くない「普通の住宅街」だけ。でも食前食後は、こんな景色を見る事ができる。

 

 

本日は雨だったけど、先月寄った時は晴れていて、こんな感じ(着席したテーブルの位置は違うけどね)

 

 

見えるのは小樽港の半分(南側)だけで、残念ながら独身時代の生活拠点に近い「小樽港の(運河周辺含めた)北半分」方面は、厨房や屋上施設の関係で見れない。でも、こういう「眺めの良い場所で外食」なんて、何年(何十年?)振りだろ?...いやぁ〜、ホントに気分良いんだよね。

 

ただね...一番最初にこの店に入って食券販売機の前に立った時、ちょっとした不安が横切った。何せ「病院の付属食堂」ってイメージでしょ?メニューは豊富にあるし安いけど、どれもこれも「食塩控えめ」で「低カロリー」な、全て「薄味」&「カサ増し食材豊富」のヘルスフード仕様だったら...

 

どうするべ( ´△`;)

 

まぁ全然違って、ごく普通の食堂だったのは当然だ...良く考えりゃ解りそうなもんだよな。何を勘違いしてたんだ?俺

 

だって、病院の食堂ではあるが、病人相手に商売してるワケじゃないからなぁ。その時に私が食べた「もりそば」の「つけつゆ」だって普通だったし、隣のテーブルには「カツ丼」食ってたおっさんがいたが「この人、食いきれるのか?」と心配になったくらい、景気良く盛られた普通の美味そうなカツ丼。周囲を見ても、カレーライスやラーメン、(ナントカ)フライ定食や(ナントカ)丼...みんな普通に美味そうだった...当たり前だわな。

 

おまけに本日は病院を出る時...出口付近の掲示板の片隅に、こんな貼り紙があるのを発見。

 

 

ちゃんと「一般食堂」って、堂々と書いてるじゃねぇ〜か。これに気が付いてさえいれば、一番最初に入った時に「ヘンな緊張感」を感じずに済んだのに...バカだな、俺(笑)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM