新井武士ライブ

  • 2019.09.13 Friday
  • 10:15

昨夜は、お馴染みの小樽市「A.LIVE(アライブ)」で開催された「新井武士ライブ」へ行ってきた。ただし、お目当は「新井武士」自身ではなく、今回のライブをサポートしたギタリスト「吉田はじめ」の方。はじめちゃんから直接「ライブのご案内」メールをもらっていたし、場所もA.LIVEで勝手知ってる所だし、再会するのはしばらくぶりだな〜...と思ってね。

 

はじめちゃんは、私が高校生の駆け出しの頃から既に(もちろん現在でもず〜っと)北海道では「歩く伝説」となっている感じのR&Bバンドである「Baker Shop Boogie」のギタリストとして、第一線で活躍している人。私も縁あって、彼が中心となったプロジェクトや彼自身が結成したバンドで、ベーシストとしてライブやレコーディングに参加した経験がある。80年代後半から90年代にかけての話だけど、勉強になったな。

 

新井武士さんは「元ダウンタウンブギウギバンド」のベーシスト。どんな音楽を披露してくれるのか、何の先入観も予備知識もなかったけど、アコギでブルースの弾き語りというスタイルだった。「スモーキン・ブギ」や「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が流行ってた頃は私ゃ高校生で、彼らのトレードマークだった「リーゼントにツナギ」とは全くベクトルが違う音楽をやっていたから、何の興味もなかった。テレビで見かけるくらいで、もちろんアルバムなんぞ買った事はない。でもその後の「裏切り者の旅」「身も心も」「欲望の街」なんかは「おっ、カッコ良い曲だなぁ〜」って思った記憶があるな。

 

で、以上の二人がコラボした今回のライブ。「私もミュージシャンの端くれとはいえ、当然だけど彼等二人とも、今まで見てきた景色が私とは全く次元が違うよな」って感じの、たいへん良いライブだった。

 

 

楽しいMCの中で触れていたけど、新井さんは元々「ブルース」を聴いて育った方だったんだな。自身のオリジナルはもちろん、カバー曲も披露していたけど、ギターといいボーカルといい、とてもブルージーで楽しめた。そもそもがベーシストなせいか、タイトなリズムで刻むギターは心地よく、鍛えられたボーカルも「さすがプロ」という感じ。はじめちゃんとの息もぴったり。

 

新井さんは、2年ほど前に「東京」から「釧路」に引っ越してきたそうだ。道東方面でも、あちらこちらで活躍されているようだね。まだ68歳(はじめちゃんも同じ)という事で、これからも頑張ってください。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM