「ポテチ」と「ちくわ」

0

    最近「超高血圧」と判定されて以来、塩分に対して非常にナーバスな私。今までは食品の「栄養成分表示」を見ても、気にしていたのはエネルギー(カロリー)くらいだった。でも最近は「食塩相当量」が、カロリーに匹敵するくらいの最重要項目になっている。

     

    いきなり本題に入るけど、下の画像...シモテ(向かって左)の「ポテトチップス」(60g)とカミテの「ちくわ」(4本入り80g)では、どちらが「食塩相当量」が多いと思いますか?

     

     

    ...って振る以上、皆さんには「うすしおとは言え、そりゃ明らかにポテチでしょ」という回答を期待したいし「量的な差で言えば、案外ちくわかもね」という回答も期待したい(?)

     

    で、答えはというと「ポテチ=0.5g」に対して「ちくわ=1.6g」なんだよね。確かに「ちくわ」の方が「ポテチ」より少々重いけど、でも塩分は3倍以上なんて...予備知識や想像以上に「練りもの恐るべし」だな、こりゃ。

     

    元々「ポテチ」は「超高カロリー」の代名詞だと思ってるから、ここ数年食べてないし、食う気も全く起きないし、飲み屋さんの席代として出されても(ほとんど)手を付けない...この画像で比較するなら、カロリーだけに注目すれば「ちくわ」の4倍に匹敵するからさ。

    対して「ちくわ」は「高タンパク・低カロリー」の代表格でしょ。滅多に間食はしないとはいえ、それでも何らかの事情で小腹が空いた時は、ちょくちょく食べてた。加えて「ちくわ」「すり身」系は、元々大好物...だから、かなりショック。

     

    このように「高タンパク・低カロリー」という情報だけを頼りに、今まで何の疑いも抵抗もなく食べていた食品の成分表示を、改めて見直している最中なんですよ。んで「食塩相当量」については、実に驚くべき数字が並んでいることが次々と判明して...いやぁ〜驚いてます、ホント。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:459 最後に更新した日:2019/09/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM