RSS | ATOM | SEARCH
胡麻擂り(ゴマスリ)

私ゃ「胡麻擂り」が得意でね...って書くとネガティブなイメージだけど、文字通り「スリコギ+擂り鉢を使って胡麻を擂るのが得意」って意味。どうか皆さん、くれぐれも誤解のないようにお願いします。

 

我が家の食卓に並ぶポピュラーなおかずの一つに「ほうれん草の胡麻和え」がある。んでウチのヤツがそれを作る際は、夕方に階下から必ず声がかかるんだよね。先頃も「とうさ〜ん、胡麻擂ってくれない?」「はいよぉ〜」って感じ。

 

 

この画像では良く解らないけど、支点(左手)と力点(右手)を微妙に調整しながら作用点(スリコギの先)を擂り鉢の円周に沿って逆向きの歳差運動みたいな感じで...って、動画をアップできれば「百聞は一見に如かず」or「一目瞭然」なんだがな。でも、ここ「JUGEM」さんではNGで、それにわざわざYouTubeにアゲるほど酔狂でもない。なので、その「自称・鮮やかな手さばき(スリコギさばき)」は、各位想像して下され。

 

83歳になった今も健在だが、私ゃ基本的にオフクロって好きじゃない。ただし、ガキの頃に胡麻を擂るように命じられて見よう見まねでやってたら「ホントお前は甲斐性ないねぇ〜...どれ、貸して」と取り上げられ「ほれ、こうすんだよ」と...50数年の時を経て、当時のオフクロのデモンストレーション(もちろんスリコギ捌きの話で、裸足で擂り鉢を固定するような事はしてない)が、今でも活かせている事には素直に感謝。

 

それはそれとして...

 

もちろん我が家の食生活に関しては、ウチのヤツは彼女なりの拘りが色々あるのは理解してる。でも、今ではそのへんのスーパーで普通に売っている「既成のスリゴマ」を買って作っても良いんじゃね?と...まぁ胡麻を擂った後はいつも美味しい「胡麻和え」を作ってくれるから、そこは一度も指摘した事はないけどね(笑)

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 00:14
comments(0), -
Comment