RSS | ATOM | SEARCH
ゴスペルコンサート

24日の土曜日は、小樽市マリンホールにゴスペルクワイアのコンサートを観に行った。題して「小樽Sea of Grace & 心奏(かなで)コーラス・ジョイントコンサート2018」

 

老若男女職業問わず、皆んな大きな声で「大好きな『歌』を合唱」って良いですよね。クワイアへの参加の動機は「神への感謝を歌いたい人」「とにかく歌が好きだから参加した人」「楽しそうだから参加したらハマった人」等々色々とあるでしょうが、そんな事は関係ない。代表の浅原富希子さんの指導が素晴らしいんでしょう...皆さん活き活きと歌い踊ってました。もちろん「観客巻き込み型」なのは当然で、それもまた楽し。

 

 

「宗教と音楽」な〜んていう野暮な話は置いとくわ...私ゃ日常生活で「神様や仏様が必要」と思った事がないだけ。

 

でも音楽に何かの拠り所を求める気持ちは一緒だし、そこに上手・下手とかいう評価は論外でしょ。観て聴いて、素直に「あ〜...良いなぁ〜(しみじみ)」って思いましたよ、はい。

 

浅原富希子さんのソロは、さすがに「さすが」でした。

author:松っあん, category:音楽よもやま, 09:27
comments(0), -
Comment