RSS | ATOM | SEARCH
聖地巡礼2018

昨夜は、2年ぶりにホルモンの聖地「やしま」で「シロ(=ホルモン)」を堪能してきた。昨年はなんだかんだ言って、結局食べるチャンスがなかったからね。今回は、芽室町に家族を残して札幌に単身赴任中の剛ちゃん(BealeStreet Blues BandのT.Sax担当)とサシで。

 

 

いやぁ〜...ホント美味いよ、ここのホルモン。何より「生ビール」とベストマッチなんだよね。10年ほど前にやっていたブログでアホな記事を書いたけども、数十年経った今でもその印象は全然変わらない。個人的にこの店では「シロ」「サガリ」「野菜盛り」「生ビール」以外注文する必要がない。秘伝のタレと、〆のスープ含めて、それで全てが完璧に完結する...他に何が要る?

 

二次会はA.LIVEに寄って、剛ちゃんと二人で色んな話を楽しくじっくりと。

 

剛ちゃんとの話の内容は多岐だったけど、一番印象に残っているのは「父親はクラシックの楽団でティンパニ担当だった」って話...何故って「いやぁ〜...どうりで」って思い当たる事があってさ。

というのも、一緒にやってるBlues Bandでは管楽器は彼一人。要するに「ウワモノ」担当ではあるんだけど、でもソロを吹いていない時でも「・♪・♪・♪・♪」みたいなウラの刻みを吹く曲では、突っ込んだりモタったりする事なく、モノ凄く正確なんだよね。彼のリズム感って、やはり「血のなせる技なのかな?」って感じ...まぁ、本人は意識しているかどうかは判らんけどね。他にも「不思議な巡り合わせ」の話題とか...そんなこんなで何だか、とにかく楽しい夜だった。

 

相変わらず「ヒマな時は愛想が良いが、忙しくなると不機嫌になって『食ったらとっとと出て行け』感が丸出しな接客担当の大将」と「厨房からは出ないけど、いつも愛想の良い女将さん」のコンビは健在だった...いやぁ〜ホント美味かった、ごちそうさまでした。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 20:48
comments(2), -
Comment
お互い気持ち良〜く酔えたんだから、それで良しと!
また行こうねぇ〜
松っあん, 2018/11/10 3:03 PM
どうも〜
ホント、うまかったすね!
私も楽しかったんですが、二次会でお話ししたこと、記憶がイマイチ・・・
お恥ずかしい。
とにかく、きもちよーく酔っ払いました。
ありがとうございました!
また、よろしくお願いします!
gox, 2018/11/10 9:35 AM