RSS | ATOM | SEARCH
大谷翔平

月曜日だったか...「DAZN」でエンゼルス対ドジャースを配信してたので見てみたら、大谷翔平が代打で登場したところだった。結果は、私が見始めてから2〜3分後に「代打勝ち越しホームラン」をセンターへ...いやぁ〜、実に良いタイミングだったわ。

 

んでこの時の「DAZN」は「ESPN」(アメリカのスポーツ専門チャンネル...みたいな感じ?)の全米中継を拝借していてね。その「ESPN」の、彼がホームランを打った後の放送内容が面白かったんだよね。

 

 

相手ピッチャーの交代の時間とかを利用して、視聴者に「大谷翔平は、今後どうすべきか?」みたいなアンケートを(ツイッターを通して)行ってた。34,969人から投票があったんだけど、「二刀流継続62%・野手かDHに専念21%・投手に専念17%」という結果だったので、やはりアメリカ人も「二刀流」の活躍が見たいんだな。

 

あと傑作だったのは、やはり幕間に「OHTANI'S GOAL」と題した表が放送されたんだよ。何て訳すのか良く解らないけど、とにかく「目指すところ」とか「将来像」とか、そんな感じなんだろう。そこに書かれていたのは...

 

24歳:ノーヒットノーランを達成し、25勝する

26歳:ワールドシリーズで優勝し、結婚する

28歳:長男が生まれる

36歳:シーズン奪三振記録を塗り替える

37歳:長男が野球を始める

38歳:引退を考え始める

40歳:引退試合でノーヒットノーランを達成する

(以上「当たらずとも遠からず」的な意訳)

 

今回の大谷はベンチスタートだから、試合に出るかどうか判らないはず。「ESPN」のディレクターか誰かが、このホームランを見て急いでこしらえたものなのか?あるいはあらかじめ用意していたのか?それはともかく、余計なお世話でふざけすぎだろ?...しかもこれ、全米中継だぜ(笑)

 

彼が今まで、ほとんどジョークのような信じられない活躍をしているのを受けて、このままで行けば「これくらいの事はやっちゃいかねない」という雰囲気は伝わってきたね。「DAZN」の解説とアナウンサーは日本人だったけど、元の「ESPN」の放送は英語だから、できればそのまま流して欲しかった。きっとゲラゲラ笑いながら放送してたに違いない。

 

NHK-BSで見てた人も、このアンケートや表は見れたのかな?

 

これを見てもアメリカでの彼は、何となく「若いのに凄腕だが、愛すべきイヂられキャラ」的な存在である事が解るような気がしたよ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 21:17
comments(0), -
Comment