RSS | ATOM | SEARCH
ピアノ磨き

一週間ほど前かな?難解なベースラインを耳コピーせにゃならん事があってね。そういう時はいつもピアノを使って解読するんだけど、ふとピアノ本体に目を向けると...「なんか...コ汚ねぇ〜な、これ」と、改めて認識。

 

もちろん数年前まで、たま〜に思い出した時に清掃はしてたよ。でも、これを購入した時に付いて来た「液状のピアノクリーナー」って、白い拭き残しが目立って使い辛くてね。私のやり方がヘタクソなだけかも知れないけど、とにかく「綺麗になったのか汚くなったのか、良く判らない」状態になっちゃう。なので、ここ数年は「普通のハンディーワイパー」で、私の担当である2階の掃除のついでに、本体の埃を払うだけにしてた。

 

気になり出したら、もの凄く気になる...でも、今までの繰り返しなら進歩がない。何か抜本的な解決方法はないものか?

 

そこで思いついたのが、ウエットティッシュ形式になっている「液晶クリーナー」...そう、パソコンやスマホの画面を清掃するヤツね。いつもiPadやMacに繋げてる液晶モニターの清掃に使ってるんだけど、拭き残しが目立たず、すぐ乾く。仮にあっても、楽器用のクロスで拭けば全く問題なく、すごく綺麗になる。そうだよ...こいつ(ピアノ)にも使ってみるか!

 

で、丸一日かけて鍵盤以外を清掃した結果がこちら...

 

 

そりゃ〜も〜ツルツルピッカピカ!

 

思わず「たまにはブルグミュラーでも弾いてみるか」って気にさせてくれるような仕上がりになって、大満足。

 

この電子ピアノ、本体は鍵盤含めて全て木製。だから「液晶クリーナーで拭く」なんてイリーガルに違いないだろうし、将来的に塗装に何らかの悪影響が出るかも知れない。でも今の所、一度こうして綺麗にした後は、楽器用のクロスで拭くだけで「ツルピカ」状態がキープできてる。これはこれで、実に気分が良い。

 

ただし...

 

綺麗にしたらしたで、今度は「少しでも曇りが付いたら、嫌だな」って思うようになっちゃってね。毎日のようにあらゆる方角から眺めては、楽器用クロスで清掃するのが習慣化しつつある。ん〜...たいして時間はかからないとはいえ、私もある意味「強迫症」になっちゃったか?...商売道具である「エレキベース」に関しては、埃・キズ・手垢・打痕なんぞ全く無関心なのになぁ〜

 

何でだろ?...何だか、シャレにならんオチだな(笑)

 

ちなみに、これ読んで「じゃぁ私も液晶クリーナーを試してみるか?」って思った方がいたら、あくまでも自己責任でお願いしますよ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 22:17
comments(0), -
Comment