RSS | ATOM | SEARCH
手作り餃子

この前、数年ぶりにやたら餃子を作りたくなった。「食べたくなった」ではなく「作りたくなった」んだよね。

「食べたい」と思ったら、普通に流通しているチルド餃子を買えば良い。でも私が求めているのは「餡を皮で包んでヒダを付けて閉じる」という行為そのもの。そう、あのルーチンワークね。

 

作るのは良いんだけど、中身を私好みにすると、食べるのは私だけになっちゃうので少々寂しい。というのも、あんまりニンニクやニラを効かせると娘はNG。そもそもウチのヤツは肉という肉は一切食わないし、ニンニクやニラも苦手...さぁ、どうしよう。

 

そこで、今回の中身は「タラのすり身」で行く事にした。いつも通っているスーパーで「エビ入りすり身」を購入。チューブ入りの「味の素・香味ペースト(金色)」と、これまたチューブ入りの「おろし生姜」を適当に加えて練り合わせ、餡を作った。ニンニクもニラも加えてないし、これなら家族全員食えるだろう。今まで試した事はないが、すり身自体が安定の食材だから問題ないべ(たぶん)

 

という事で一汗かいて餡を練ったあと、1時間ほどかけて30個ほど作ったが...思った通りこの作業、何だかとても楽しかった。ただし、詰める餡の量は最後まで良く把握できずに終わっちゃってね。だから出来栄えとしては、パンパンに膨れているのもあれば少々痩せてるのもある。まぁでも、仕事を辞めてから余り味わう機会がない「ルーチンを延々と繰り返す行為」って、たまには良いもんだなぁ〜(あくまで「たまには」ね)それに今回は「どんな味になるのかな?」という楽しみもあるし。

んで、あとは餃子を焼く一般的な手順に従って焼くだけ。

 

 

味は、まぁ「普通においしい」って感じ。拍子抜けするほど想定した通りの味だったので、特に問題ない...家族の評価も上々だったし。

 

要は「ミンチ状」になってさえいれば、中身は何でも良かった...とにかく「あの作業」がしたかっただけだから。でも、何でだろ?何でそんな気分になったのか?

 

自分でも良く解らんので、次がいつになるか(っていうか、次があるかどうか)は解らんな。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 00:20
comments(2), -
Comment
たぬき氏...食文化は良くわからないんですが
「餃子を焼くのは日本だけ」というのは知ってます
以前、台湾在住の方から教えてもらいました

水餃子も美味そうですが...でも我が家じゃムリかな?
私と娘は平気ですが、ウチのヤツは「ごま油」もNGですので

むしろ、当方で一般的な「醤油ベースのすり身汁」の「すり身」の代わりに
「すり身餃子」を浮遊させてみる...ってのはどうだろう?

あまり美味そうじゃないな(笑)
松っあん, 2018/03/20 5:58 PM
お疲れ様です。
家族愛が溢れています?

こんどは?水餃子をお試しになっては如何でしょうか?
白湯スープで適時茹でて、ごま油を廻しかけたら、、、マイウー!

本来の餃子(中国)は水餃子や蒸した餃子。
日本の焼き餃子は実は特異な料理
元来、水餃子にする筈が店の売り物に成らなくなって賄い等で焼いた、いわば裏メニュー、B級グルメが始まり?

また、ある意味主食です(麺料理の仲間)
同じモノが西洋化するとラビオリ?
たぬき, 2018/03/20 12:35 AM