RSS | ATOM | SEARCH
ニッカ・ザ・麦焼酎

私ゃ酒に関しては、「醸造」系(日本酒・ワインとか)は体質に合っているとは言えず、勧められれば飲む事は飲むが、あまり得意ではない...ビールは好きだけどね。ならば「蒸留」系なら何でも良いかというと、そうでもない。ウイスキーで言えば、スコッチは余り好きじゃないがバーボンやウォッカは大好き。本格焼酎で言えば、麦や蕎麦は好きだが芋系は苦手...って感じ。

まぁ家で飲む時は、いつも「そのへんに売っている、ペットボトルや紙パックの焼酎」がほとんど。たまに買うバーボンも「こっちは美味い、あれは不味い」と思って選んでるワケじゃない。まして「○○は○○でなきゃ」といったウンチクを語るような「肥えた舌」の持ち主でもないから、言い換えれば「口と体質に合って酔えさえできれば、種類やブランドは何でも良い」とも言えるか?そんな私だが...

 

年明けに、とある用事で弟が来た時「頼まれ事をクリアしてくれたお礼」って感じで「焼酎」を置いていった。なんも、そんな気を遣わんでも良いのにさ...で、それがこちら「ニッカ・ザ・麦焼酎」(商品案内はこちら)...既に空になっちまった画像で恐縮です。

 

 

へぇ〜...あの「ニッカ」が麦焼酎と...ほぉぉ〜。まぁ考えて見たら、スコッチだって麦が重要な役割を担っているはずから、麦焼酎を作ってもおかしくはないわな。ここらあたりで流通しているポピュラーな麦焼酎は「いいちこ」で、しかもそれしか飲んだ事がないんだけど、しかし同じ「麦」でも随分と趣(おもむき)が違うな。

 

紹介したリンク先を読んだのは、すっかり飲んでしまった後。だから飲んでる時(ロックね)は「ナニこの、濃そうな色?」「麦には違いないが、なぁ〜んか不思議な香りだな」「けっこう濃厚な喉越しかも?」といった感じで、「いいちこ」との違いが何に起因するのか解らなかった。結局「ウイスキー樽に寝かせた麦焼酎をブレンドする」ってのがキモだったんだな、なるほどね。でも、リンク先にあるような「ピートの薫りがしっかり愉しめて、しかもすっきりした味わい」って感じはどうなんだろ?正直、ウイスキーはほとんど飲まないから「ピートの薫り」ってピンと来ないし(←不思議な香りと思った理由かな?)「すっきりとした香りと味わい」で言えば「いいちこ」の方が好き。

ライト&ポップ(?)な「いいちこ」に対して、こちらは「重厚かつ骨太」ってイメージかなぁ〜...もちろんどっちも好きなので、どこかの店頭に「いいちこ」と共に並んでいたら、3回に1回はこちらを買っちゃうかもね。ただし、どちらも本格焼酎だから、比較的小遣いに余裕がある場合だけ...なのが寂しいなぁ〜

(T - T)

 

とは言え...前フリで書いたような私だから、このインプレッションはアテにゃならんよ、きっと。買ってみる気になった(or 買う気が失せた)としても、自己責任でお願いね。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 19:07
comments(0), -
Comment