RSS | ATOM | SEARCH
今年の相棒

私ゃ2日(土)の「Stamp Band結成5周年記念ライブ」が年内最後のライブ。さてそろそろ、歴代のブログで毎年末の恒例にしている1年間の総括「Bass Life」シリーズの下書きでも始めるか...

 

ところで、今年の相棒は「Hanna」で行く機会が多かった。私の拠点バンドは「AYA with HOT&COOL」だけど、他にもいくつかのバンドをお手伝いしているから、その掛け持っているバンドが同じライブに出演する事も多い。そういう場合は、どうしても5弦必須の「AYA with HOT&COOL」専用である「Catherine」を相棒に選ばざるを得ない...大は小を(っていうか、5弦は4弦を)兼ねようと思えばできない事もないし、ベース2本背負って歩くのは中々辛いものがあるからね。でも今年はそう言うケースは1度だけだったので、彼女の出番が多くなった。

 

 

彼女、何度か当ブログの「商売道具」というカテゴリーで紹介してきた。その中でなんだかんだと言いながら、結局は良い相棒だと思うよ。これを使うバンドが取り上げる、ジャンルやミュージシャンは実に様々...「ハードロック」「70年代R&B」「歌謡曲」「ファンク」「ロック調演歌」「ブルース」「ディープ・パープル」「デビッド・サンボーン」「リターン・トゥ・フォエヴァー」「(デスチャ)ビヨンセ」「坂本冬美」...何だか滅茶苦茶だけど、まだまだごっそり。

 

ニュートラルな状態では、結構ソリッドでロック向けな感じ...でも、そこが良い点かもね。ギラギラブリブリな音を丸め込む事はできても、元々の音色に「ギラギラブリブリ」感を加算するのはムリだから。まぁアンプとの相性もあるけど、でも幅広い音楽に対応してくれていると思うな。ネックも細くて薄めだが剛性は高く、弾き易いし。

 

それより何より助かるのは...現在所有している相棒達の中で「一番体重が軽い」って所だな。

author:松っあん, category:商売道具, 14:16
comments(0), -
Comment