RSS | ATOM | SEARCH
永世七冠

将棋界に詳しい人でなくても、一度は名前を聞いたことがあるだろう「羽生善治」という棋士...5日はやってくれたねぇ〜。

 

何年かぶりに「竜王」に復位して、しかも通算して7期「竜王」を務める事になり「永世竜王」の資格を持った。しかもしかも、これで「竜王」「名人」「王位」「王座」「棋王」「王将」「棋聖」という将棋界のタイトル全てで、彼が引退後に「永世○○」を名乗る資格を得たと言う...これはもう「スゴい」を通り越して「どうなっちゃってんの?この人」というレベル。毎年挑戦者を退け続け、一定年数に渡って一つのタイトルを保持するのも大変だろうに。

 

今回は、ここでも取り上げたことがある「昨年、挑戦者となるべき相手をスマホを使ったカンニング疑惑で訴えてピンチヒッターを立たせ、涼しい顔をして防衛した渡辺明」を圧倒してのタイトル奪取...実にスッキリとして、気持ち良いなぁ〜。

 

 

「囲碁」には少々心得はあるが「将棋」はさっぱりな私だけど、「ニコ生」でその歴史的瞬間を見る事ができて良かった。後の楽しみは、これまた前人未到の「タイトル獲得数100期」達成だな...頑張ってね。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 02:47
comments(0), -
Comment