久々のCatherine

  • 2017.09.09 Saturday
  • 20:02

現在AYA with HOT&COOL専用になっている5弦のCatherine(画像シモテ)...来月のライブへ向けて音合わせが始まるので、今月に入ってから久々に弾き込んでいる。直近のライブは6月4日だったから、ほぼ3ヶ月ぶりだな。

 

 

この間、暇な時はず〜っとカミテの(フレットレスの)Marikoばっか弾いてた。理由は、この夏に定期的に「音合わせ」したのは「Beale Street Blues Band」と「とりあえずAsada Band」だけで、両バンドともMarikoが主役だから。だからCatherineを久々に手にした時の感覚には、唖然としたよ...「こんなに幅広なネックだったっけ?」って感じ。

 

同じ「エレキベース」というカテゴリーであり「パッと見は似ている」とはいえ、全然別モノな両者。音楽性のベクトルも、要求されるプレイも全然違うけど、それはそれで実に楽しい...極端な話、実際私の中では「Jamiroquai」と「岡晴夫」が混在しているからね。

 

あ、この夏「ず〜っとMarikoばかり弾いてた」と書きましたが「では、さぞやフレットレスベースの演奏能力も向上した事だろう」という感想には、お答えできる自信はありませんので念のため(笑)

コメント
ネックの「厚み」は気にならなかったけど、本文の通り問題は「幅」
まぁ5分ほどで感覚(=間隔)は蘇りましたけどね
でもその5分間は、弾き慣れている曲のはずでも...

「オクターブを誤爆してカラ振り」が多かったワケです、はい
  • 松っあん
  • 2017/09/11 5:18 PM
フレットレスの場合、フレット付きからフレット分だけ見かけのネックグリップの厚みが薄く成っている(極少数ながら嵩上げしたモノもあるようですが、)ので、
違和感は尚更かもしれませんねぇ?

もしも、たぬきがフレットレスを特注するような事が有ったとしたら
指板材はバイオリン族と同じエボニー(本黒檀/摩耗に強い)で
フレット付きと同じネックグリップになる様に極厚指板を所望したいなぁ、、、
結果、ネック強度は若干向上して質量が増えた分、サウンドもしっかりとした感じになるはず?
  • たぬき
  • 2017/09/10 9:50 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM