Marikoちゃん

  • 2016.06.24 Friday
  • 15:44

先週の土曜日は、午後から「Beale Street Blues Band」そして夜は「HOT&COOL」の音合わせがあった。ほとんどの皆さんの休日に音合わせが重なる事は今までもあったし、さほど珍しくはない。でも今回は「あれ?」と思うところがあってね。

 

午後はフレットレスの「Mariko」で、夜は5弦の「Catherine」を弾いたんだけど、余りのフィーリングの違いに今更ながら驚き。「Catherine」の方は、も〜弦がべろんべろんでテンションゆるゆるに感じて、余りの弾き易さに「普通に弾いても、勢いが余っちゃう」って感じだな。

 

 

でも「Mariko」が弾きづらいって事じゃなくてね。どうしても弦高が高くなってしまうフレットレスだけど、それを弾く作法を克服していくのが楽しい。Blues Bandで2度ほど使ってみたけど、だんだん音痴気味なのも改善されてきたような感じだしね。全曲録音して後で聴いてみても「お、割とちゃんと弾けてるように聴こえるじゃん」という事で、今後はあまり神経質にならず、気にしなくても大丈夫と確信...って、んなテキトーで良いのか?(笑)まぁ、今までほとんど使う事がなかった「開放弦」を、いかにうまいこと音運びに取り入れるか...が、鍵を握ってるのかも。

 

この「Mariko」ちゃん、けっこう鳴りが良くてね。自宅でシコシコ弾き込む分には、アンプやamPhones不要。十分に聞き取れる生音でビンビン来るし(...フレットレスって、みんなそうだったっけ?)コントラバスのような音の立ち上がりは、実に味わい深いものがある。この豊かな鳴りを活かさない手はないから、もっと潜在能力を引き出せるようなピックアップに換装しようと思って、本日預けてきた。仕上がりが楽しみ。

 

シルエットが多少似ているだけで、顔も性格も全く異なるこの2本...どっちを弾いても楽しいよ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM