Bass Life 2019

  • 2019.12.30 Monday
  • 11:28

今年は夏に1度「ソヴィエト」のサポートをしただけで、あとは「AYA with HOT&COOL」と「Stamp Band」のみ。でも来年は、久しぶりに「AYA with China Bowls」で参加するライブ、そして「3.11復興支援ライブ」への「Stamp Band」の出演が既に決まっている。「とりあえずASADA BAND」の「正真正銘・最後のライブ」も予定してるしね。

 

では前回投稿の予告通り、恒例の「Bass Life」で2019年の「四方八呆」を締めるとしますか...

 

3/9

3.11Support Forever Live Vol.2

(小樽GOLD STONE)

Stamp Band

 

AYA with HOT&COOL

 

 

5/18

やっとかNight 2019

(小樽GOLD STONE)

AYA with HOT&COOL

 

 

7/20

おたる☆浅草橋オールディーズナイト 2019

(小樽市マリン広場)

AYA with HOT&COOL

 

 

8/12

ソヴィエト2019 LIVE

(A.LIVE)

SOVIET SUPPORT BAND

 

 

10/13

音座(おんざ)なまらいぶ小樽2019

(A.LIVE)

AYA with HOT&COOL

 

 

11/2

雷神祭

(小樽GOLD STONE)

AYA with HOT&COOL

 

 

11/23

Manhattans Hokkaido Tour 2019

(A.LIVE)

AYA with HOT&COOL

 

 

11/24

A.LIVE移転記念・旧店舗Last Live

(A.LIVE)

Stamp Band

 

なんだかんだ言って、今年も面白おかしくベースを弾く事ができて楽しかった。来年は、どんなライブが待ってる事やら?

 

本年もこの「四方八呆」...ご愛読ありがとうございましたm(_ _)m

 

では皆さま、良いお年をお迎えください!

Stamp Band忘年会

  • 2019.12.16 Monday
  • 18:00

12月14日(土)はStamp Bandの忘年会だった。場所は、最近小樽市の静屋通りに移転オープンした、居酒屋「てくてく」というお店。ギターの「ともぞう」は諸般の事情で参加できなかったけど...その「なかなか面白くて笑える事情」を書き出すと、ロングストーリーになるから全部割愛。今回の幹事は、Stamp Sistersの一人「ちょんこ」

 

お店の雰囲気といいBGMといい、正に「1980年代の昭和」という感じ。ちょっと耳を傾ければ、ノスタルジックな「昭和後期歌謡ポップス」のオンパレード...そこへもってきて、出てくる料理がこれまた全部美味かった。

 

 

メインの「鍋」が絶品だったんだけど、とにかく出てくる料理をガツガツ食うのに夢中。ふと気がつくと、皆んなで具材を掻っさらった後の、シメの「うどん」の画像しか撮れなかった(笑)でもとにかく「肉」も「魚」も、全部美味かった...ごちそうさんでした。

 

 

二次会は、こちらも「ちょんこ」がセッティングした「うたごえスナック」へ。マスターや、他の見ず知らずのお客さんを巻き込んで「大カラオケ&ダンス」大会。あ、でもマスターの場合は「巻き込まれた」というより「自分から積極的にお客さんに混じり込んで行って、盛り上げるのが大好き」という「エンターティメントこそ我が天職」って感じだったか...私にゃ100%ムリだから、尊敬しちゃうわ。

 

いやぁ〜でも...こういう雰囲気ってモノ凄く久しぶりで、楽しかった。我らがStamp Sistersの三人やrikaちゃん・兄貴も、張り切ってたしなぁ〜♡

 

注)この衣装はマスターの意向を反映した、お店の備品です

 

こういう「ごくごく一般的な、いわゆる忘年会」って、会社勤めしてた時以来かな?ただ、会社の忘年会と違って「過ぎた事は忘れて、来年も頑張ろうね」に徹した(小難しい話は一切抜きの)文字通りの催しで楽しかったぁ〜...ちょんこ、お疲れさまでした。

 

しかし個人的に、ちょこっとだけ失敗した事がある。一・二次会とも「飲み放題」だったので、ハイボールを何杯飲んだか覚えてないくらいガバガバ飲んでたんだけど、どちらの店もその濃度が...飲めば飲むほど、酔う前にどんどん目が冴えてきちゃってさ。私ゃ二次会でお別れして帰ったんだけど、小樽駅への道すがらコンビニで「濃いめの缶チューハイ」を買って終電の車内で飲んだ。でも、さらにさらに目が冴えてくるばかりで、帰宅して寝床についたは良いが中々眠れず...結局起き出して、いつもの焼酎を飲み直してしまった。

 

新年会は「乾杯用のビール」を飲んだら、あとは終始「焼酎のロック」で行くわ(笑)

A.LIVE二夜

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 13:22

お馴染みのLive Cafe&Bar「A.LIVE」は、小樽駅近辺の「小樽市の歴史的建造物」に指定されている建物を利用して、2016年2月にオープン。以降プロ・アマ問わず、様々なアーティストのライブ会場として利用されていて、私も大変お世話になった。でもこの度は事情により、今度は「花園地区」という、小樽市中心部の飲み屋街へ移転することになってね。23・24(土・日)は、この場所で行う最後のライブがあって、私ゃ両日とも出演してきた。

 

 

23日(土)は「Manhattans Hokkaido Tour 2019」があって、AYA with HOT&COOLが前座を仰せつかった。

 

My Funny Valentine

Sunny(Jamiroquai Ver.)

Through The Fire

What Cha' Gonna Do For Me

Somebody Else's Guy

 

Manhattansは何年かぶりだったけど、相変わらず良かったね。北守一生(A.Sax)加藤景子(Key)新加入の今野雄介(E.G.)のプレイは勿論言うまでもなく素晴らしい。でも今回改めて「やっぱりスゴいよね」と思ったのは、森崎直樹(Dr.)と相澤卓也(E.B.)のリズムセクション。音作り含めて、何て言うか...とにかく「タイト」って感じ。これは、歌物だろうとインストだろうと関係ない。Bukiちゃん、我々はまだまだ未熟だぜ(笑)

AYAが飛び入りで、Manhattansという豪華メンバーをバックにNewyork state of mindを歌ったり、最後は2つのバンドが入り乱れて大セッションしたり、とても楽しい夜だった。

 

翌24日(日)は「移転記念パーティー」が開催されて、こちらの方はStamp Bandが出演。参加者は、ライブやイベントの会場として利用してきた地元のミュージシャンたちや、お店のファン(我々には親戚同様)のお客さん...「今までこの会場にはお世話になりました」的な、ほとんど全員旧知の、身内ばかりのパーティー。とはいえ、けっこうな人数だったな...50人は確実に入っていて、超満員御礼ってところか。

 

にがい涙

荒野のならず者

その気にさせないで

星空の二人

クリスタル・ムーン

パラシュート

 

地元小樽の「スターレスNEO」「みすちばす」「高橋麻衣子 with O」という素晴らしいバンドが出演したのに、何故か我々がトリ...みんなきっと「早いとこ済ませて、ゆっくり飲んで騒ぎたい」って感じだったんだろう(笑)まぁでも、こちらも楽しかったよ。私ゃその前にも昔の仲間とブルースセッションやったり、AYA・Bukiちゃん・雷神と4人で「迷信」やったり...全部とても盛り上がって、楽しかった。札幌からこのパーティーに参加した、Junk Grooveのドラマーで、昔一緒にバンド組んでた鳴海ちゃんや、ベーカーショップブギーのベーシストのヤギさんとも、久しぶりに思い出話や色んな話ができたのも楽しかった。

 

とにかく、両日とも充実した楽しい夜を過ごせて、私ゃしあわせ♡...こういう場を提供してくれたA.LIVEさんには、感謝感謝。ママ、西くん、両日ともPAを担当してくれた谷さん、お疲れさまでした、ありがとう。

 

移転した後も、素晴らしいお店になりますように。

雷神祭

  • 2019.11.07 Thursday
  • 16:31

前回書いた通り、今まで一度も経験した事がない、何だかとても複雑で不思議な心境だったけど....11月2日(土)は、私とは旧知の間柄で、現在は「スターレスNEO」「AIR RAID」他のギタリスト、あるいはソロ活動で活躍している「雷神(古俣)」の「生誕60年」を記念したライブがあった。場所は小樽市ゴールドストーンで、私の拠点バンド「AYA with HOT&COOL」も、このお祝いライブに参加。彼がゲストで参加する曲も用意して、一緒に盛り上がった。

 

私の弟たちを通して(双子である弟たちの片方が、学校の後輩という間柄)高校時代の彼と知り合った。家が比較的近かった事もあり、遊びに行ったり来たりした事もある。以来、直接一緒にバンドは組んだ事はないけど、ず〜っと活動は見てた。だからバンド関連で言えば、一番古い友達の一人だ...年齢で言えば、私と1つしか違わない。

 

Pick Up The Pieces

Talkin' Loud

Sweet Love

Breakout

Greatest Love Of All

Superstition(feat.雷神)

 

先頃、雷神と同年代(亥年生まれ)の友人(っていうか、戦友?)たちの「還暦パーティー」にも参加したけど、こうして単独で「ゴールドストーン」でお祝いしてもらえるなんて、幸せ者だし大したもんだよ。ギターを弾き始めてから今日に至るまで、終始一貫「ヘヴィーメタル」の求道者であり続ける姿勢は、見上げたものです。

 

とはいえ私としては、色々な関わり合いの中では全員同じ仲間。会場の規模や出席者に関係なく、一番大切な事は「全員60年間生きてきた」という事...何がどうあれ、そこに優劣は存在しない。彼等の誰がどんな道を歩んでいるとしても、とりあえず皆さん、生きて一区切りを迎える事ができたワケですから。

 

 

本人の希望で「雷神が全身全霊をかけたガチなライブ」になったから、お祝いムードというより「現在に至る、彼の集大成を披露」的な感じのライブだったが...でも、バンド関係者中心に行われた打ち上げは別。この日が60歳の誕生日だった彼を、出席した皆んなでお祝い。雷神、おめでとう!

 

 

私もホントに駆け出しの頃はハードロック一辺倒だったし、私が当時在籍していたバンドは、雷神を始めとした小樽の後輩たちに、少なからず影響を与えていたらしい。だからこのパーティーで彼の隣に座り、今でも現役でバンドを継続している(実際このライブにも参加した)後輩たちと一緒に、当時の思い出話を始めたら...尽きる事はなかったかも知れない。

 

でも雷神には大変申し訳ないが、この日はイントロのリンク先に書いたような事情があって「いくら飲んでも、心から離れない思いがず〜っと続いた」日でね。彼に話しかけると、この晴れがましい席で「お願いだから、俺より先に逝くな」って話題をしそうな気がして止めておいた。でも、どうだろ?むしろ「生きてるうちが花なのよ」と、真剣に話すべきだったか?皆んな、そういう話題に相応しい年齢になってるワケだし...どっちが正解だったのかな?

 

まぁ雷神は「ちょっとやそっとでは...」って感じのバイタルな奴だから、心配はないと思う。でも、こればかりは「誰がいつ、どうなるのか」誰にも解らない。

 

とにかく何よりもまず、彼にはこれからも健康第一で頑張って欲しいね。

「音なま」2019

  • 2019.10.14 Monday
  • 16:29

各地に甚大な災害をもたらした「台風19号」で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 

昨日(13日)の朝に最も北海道に接近したけど、おかげさまで当地周辺は全くその影響はなく、雨すら降らなかった...ありがたい事です。そんな中、昨日は秋の小樽の恒例「音座(おんざ)なまらいぶ」が開催。今回は13会場で99組の、様々なジャンル・様々な形式のアマチュアバンド・ミュージシャンが出演。ジャズ・ロック・フォーク・ポップスetc...とにかく、小樽市内が音楽で溢れかえる一日。

 

「AYA with HOT&COOL」は2016年から4年連続で、A.LIVE会場でのトリを仰せつかった。

 

Don't You Worry 'Bout A Thing

Talkin' Loud

My Funny Valentine

Through The Fire

Sunny(Jamiroquai Ver.)

I'm Every Woman

Never Stop

Saving All My Love For You

 

そろそろ出番という頃には、他の会場から移動してきた方や、私たち目当ての方がワラワラと集まってきてお店は満席。立ち見のお客さんも、身動きがままならない状態に。それでも何とかスペースを見つけて後方で踊っていた方もいて、ものスゴい熱気に包まれた中で演奏する事ができた。

 

私たちも幸せな時間を過ごせました...皆さん、ありがとうございます。

ソヴィエト2019LIVE

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 16:01

昨夜は昨年に引き続き、この時期恒例の「ソヴィエト」のライブをお手伝いしてきた。場所は、お馴染みA.LIVE。

 

前半は、彼等だけのアコギトリオ。後半は、私とBukiちゃん(カホン)が参加してバンド形式...ってのは、昨年同様。

 

 

独自の世界観と秀逸なコーラス。そして毎度の事ながら、色々な話題を散らかしては「どう収拾するのか」楽しみなMC(笑)聴いて楽しい、弾いて楽しいライブだった。

 

今回はチケット形式を取らずチャージのみで、積極的に宣伝もしていなかったらしい。でも、そうだな...30人くらいは入ったかな?昨年のように客席は「超ギチギチ」って感じでもなく、お客さんもまったりと楽しめたんじゃないかな。まぁ満席には違いなかったけど。

 

来年は彼等もリアル還暦という事で、色々と画策(?)しているらしい。私が何かにハマるような企画があったら、来年もまた呼んでね。

おたる☆浅草橋オールディーズナイトVol.16

  • 2019.07.21 Sunday
  • 18:54

昨日今日の2日間、小樽市のマリン広場で「おたる☆浅草橋オールディーズナイト」が開催されている。AYA with HOT&COOLは、昨夜(20日)のトリを仰せつかった。

 

例年なら、昼過ぎから21時まで多種多彩なバンドが出演。でも今回は近隣住民の方からの苦情もあったらしく、1時間早くライブは終了。あとは普通のビアホール...という事に。元々「18時か19時にはライブを止めてくれ」という申し入れだったらしいが、今年は折衷案として20時としたみたい。さて、来年以降はどうなるのかな?

 

The Light

Never Stop

Sunny(Jamiroquai Ver.)

Saving All My Love For You

I'm Every Woman

 

やはり野外のステージは気持ち良いな。ただ、他の2〜3のバンドの演奏を客席から聴いたけど、今回はPA関連機材が貧弱な感じだった。苦情関連で、積み上げるスピーカーを節約したか?...ま、ステージに上がってしまえば、どんな音でお客さんに届いているかなんて全く解らないのは、いつもと同じ何だけどね。

 

会場は小樽港第3埠頭の近くとはいえ、街ん中には違いない。地元の皆さんの協力がないと開催できないイベントだから、運営さんも大変だよね。

 

さ、個人的には来月、これまた恒例の「ソヴィエトお盆興行」のお手伝いが控えている...これも楽しみ♡

Stamp Band LIVE上映会

  • 2019.06.03 Monday
  • 21:41

6月1日(土)はStamp Bandのキーボードrikaちゃんちで、過去2回のライブの時に撮った動画の上映会を開催。今回は、昨年12月にA.LIVEでやった「正真正銘5周年記念LIVE」と、本年3月にゴールドストーンで開催された「3.11支援ライブ」の2本立て。

 

このバンド、2013年にデビューした当時とは、全く別モノになってるね。特に何年か前から、十分に実績のあるボーカル「さりぃ」ちゃんが参加して「Stamp Sisters」という形が定着してからは、ステージ運びの定番が確立して素晴らしい進化を遂げている。

 

ボーカル陣で言えば、やはり倉田氏の存在も大きいね。何をやるにせよ、彼のシュアなボーカルが入る曲がないと、ステージ運びの組み立てができない。結成当初から(そもそも、ず〜っと昔っから)の信頼できるメンバーだし、私の無茶振りに応えてくれてホントに助かってる。いつも「坂本冬美」路線と「スリーディグリーズ」路線をどう繋げるか、迷いどころだからね。

 

 

あの時はどう、この時はこう...と、爆笑の話題には事欠かない上映会だった。このバンドに参加していつも思うのは「大人の学芸会的な雰囲気が楽しい」って事。音楽的に実績がある人もない人も、みんなで楽しいステージを満喫する...これ、中々できそうでできない事だと思うんだよね。

 

この時上映した兄貴が製作したDVDは、彼がメンバーそれぞれに配布してくれてね。今日まで何回観た事か...何回観ても楽しいね。

 

rikaちゃんの手料理含めて、色々たくさんご馳走になった。久しぶりに普通の缶ビール「アサヒ・スーパードライ」を飲んだし、普通の麦焼酎「いいちこ」も飲むことができて、すっかり酔っ払っちゃたわ。

 

ここ1年ばかり「税込108円の缶チューハイ」とか「2ℓ798円の紙パック焼酎」ばっか飲んでたので...「普通の酒」って、酔うな(笑)

やっとかNight2019

  • 2019.05.20 Monday
  • 08:38

AYA with HOT&COOLは、土曜日(18日)小樽市ゴールドストーンで開催された「やっとかNight 2019」に出演。

 

私たちも最近は毎年出演しているけど、このイベント自体はもう20年くらい続いているそうな。会場はあちこち変わったけど、ゴールドストーンで開催されるようになってからは3年目かな?

主催者バンド「みすちばす」はじめ今年も多彩な顔ぶれが揃って、会場で聴いていても楽しかった。

 

The Light

Through The Fire

Dance with Me

Pain

Somebody else's Guy

Superstition

 

いつも思うんだけど、こんな音響の良い一流の立派なハコを借りれるなんて...小樽のバンドは幸せだな。

 

さてAYA with HOT&COOLは、今年も7月開催の野外ライブ「おたる☆浅草橋オールディーズナイト」にエントリーした。ただ来月、ドラムのBukiちゃんの会社の人事異動があって、彼がどこへ飛んでいくのか予断を許さない状況になっている。バンドのリハや本番に通勤(?)可能な所なら何とかなる(現在は札幌)かも知れないが、転勤先は全国区...さて、どうなる事やら。

酒盛り三連荘

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 18:59

先週末は、木・金・土と3日続けて飲み会だった。

 

21日(木)は彼岸だったっしょ。一族郎党、各自お寺参りを済ませてから実家に集合して酒盛り...ってのは正確じゃないな。弟二人は車だから、私だけが二人の分まで一方的に飲んでた(笑)まぁ、それは良いとして

 

22日(金)は、今後しばらく活動を休止する「BealeStreet Blues Band」の慰労会(?)。場所は、札幌狸小路近くの「ルンゴカーニバル」というお店。イタリアンのお店なんだけどBGMはブルース一色という、何だか不思議な感じがする空間。でも、コースで出てくる料理は、厚岸の牡蠣・パスタ・魚・肉...全部美味かった!

 

 

活動休止宣言をした、G・Vo.でリーダーの渋ちゃん。彼、過去の交通事故(もらい事故)の後遺症で、いよいよ首周りが大変らしくてね。まぁ何年かしてまたバンドをやりたくなったら、きっと私にも声がかかるでしょう。私としては「もし再開するなら、その時はバンド名含めて、何か違う形で」という希望があるけどね。

私ゃ相変わらずだし、Saxの剛ちゃんもあちこちでセッションは続けているし...とりあえず皆さん、一先ずお疲れさまでした。

 

23日(土)は山吹家で「HOT&COOL新年会&弦汰君とあそぼう会」...ちょっと遅めの新年会と、去年誕生のTb.なつきちゃんの倅「弦汰」君のお披露目。

 

 

メンバー全員集合にはならなかったけど、ライブのビデオを見ながら、あるいは弦汰君をイジりながら(笑)楽しく盛り上がった。私ゃ娘が一人で、普通に育って大きくなったし(大きくなった...って、今年30になるけどね)それで全く不満はない。でも、ないものねだりっていうか、やっぱ「キャッチボールができる相手」も良いよなぁ〜。弦汰君は両親ともミュージシャンだし、音楽的にはサラブレッド...将来が楽しみだね。

 

AYAが用意してくれた料理が、これまた絶品でね。鍋物は、牡蠣やアサリ(だと思う)の出汁が効いてなまら美味かった!今度レシピを教えて欲しいなぁ〜。ザンギも柔らかくてジューシーだったし、目の前に並んでいるモノ全て美味かったよ...ありがとう、ごちそうさんでした。

3.11Support Forever Live Vol.2

  • 2019.03.11 Monday
  • 17:08

あの3.11から8年か...当時は会社で物流関連の仕事をしていてね。被災地宛にお客さんが持ち込んでくる荷物のベスト3は「水」「カップ麺」「乾電池」だったな。

 

という事で、3月9日(土)は小樽市ゴールドストーンで開催された、こちらのライブに出演。

 

 

「収益を全て震災復興支援に充てる」という素晴らしい企画で、昨年に引き続きの第2弾

 

Stamp Band

石狩挽歌(坂本冬美Ver.)

帰ってこいよ(〃)

落陽

にがい涙

その気にさせないで

天使のささやき

荒野のならず者

星空の二人

 

 

AYA with HOT&COOL

Through The Fire

Talkin' Loud

Greatest Love Of All

Don't You Worry 'Bout A Thing

You Are The Universe

Somebody Else's Guy

 

- - Encore - -

Superstition

 

両バンドとも中々良い出来栄えだったし、私も弾いていて実に楽しかった。お客さんのノリも良かったし、盛況のうちに無事終了。

 

収益・寄付・募金箱を合わせて7万いくらが集まって、「やれること実行委員会」を通して被災地へ。今なお不自由な暮らしを強いられている皆さんへの、いくらかでも支援のお手伝いができて嬉しいね。

 

こういう企画、大好き♡

Bass Life 2018

  • 2018.12.31 Monday
  • 11:59

おかげさまで満60歳を迎えた今年も、様々な会場と様々なバンドでベースを弾いてきた。あちらこちらから「ベース弾いてくれない?」と声がかかれば「任せなさい」って話なせいなんだけど、おかげさまで今年も面白おかしくベースライフを堪能できたな。でも「頼まれたら全て断らない」ってワケじゃない...引き受けるからには、ちゃんと私なりの理由があります。

 

まぁ声をかけてくれる人も私の指向(嗜好?)を熟知してくれている人たちばかりだし、それにそもそも声をかけてくれるだけでもありがたい事です。毎年充実したBass Lifeを送ってますが、これが(このブログのサブタイトル通り、せめて)古希まで続いてくれいかなぁ〜

 

2/3

第20回小樽雪あかりの路Memorial Talk&Live

(小樽GOLD STONE)

ムドゥレイ太田とイマンザニュウー

 

 

2/4

A.LIVE2周年2DAYS LIVE

(A.Live)

BealeStreet Blues Band

 

 

3/11

震災復興継続支援応援3.11Support Forever Live

(小樽GOLD STONE)

Stamp発動機NEO

 

Stamp Band+A.Horns

 

AYA with HOT&COOL+Black Mermaid Sisters

 

 

5/20

やっとかNight 2018

(小樽GOLD STONE)

BealeStreet Blues Band

 

 

6/8

Manhattans Hokkaido Tour 2018

(A.Live)

AYA with China Bowls

 

 

7/15

おたる☆浅草橋オールディーズナイトVol.15

(小樽マリン広場)

AYA with HOT&COOL+Black Mermaid Sisters

 

 

8/4

メルヘンライブ

(小樽堺町メルヘン広場)

Stamp発動機NEO

 

 

8/12

ソヴィエト2018LIVE

(A.Live)

ソヴィエト

 

 

9/15

Echo’sライブ

(札幌・HOT TIME)

BealeStreet Blues Band

 

 

10/7

音座(おんざ)なまらいぶ小樽2018

(A.Live)

BealeStreet Blues Band

 

AYA with HOT&COOL

 

 

10/14

とりあえずAsada Band ライブ

(Newport)

とりあえずAsada Band

 

 

10/20

松本慎二セッションライブ

(A.Live)

バンドセッション

 

 

12/1

正真正銘・Stamp Band5周年記念LIVE

(A.Live)

Stamp Band

 

 

という事で(そんな方がいるかどうかは別にして)1年間のご愛読ありがとうございました。どうか皆さま、良いお年を!

 

来年もよろしくお願いします

A.LIVE忘年会

  • 2018.12.17 Monday
  • 20:11

昨日(16日)は、いつもお世話になっているA.LIVEさんの忘年会だった。いやぁ〜も〜「カラオケ」ありぃ〜の「バンド演奏」ありぃ〜の「大セッション大会」ありぃ〜ので、なまら楽しかった。

 

「カラオケ」は歌ったもん勝ちだろうし「セッション」は弾いたもん勝ち。久しぶりに昔の仲間や若い衆と一緒にセッションするのは、実に楽しいよね。

 

やはりこういう時は「ブルース」というフォーマットが物を言う。リズムや9・10の進行を多少変えても、誰でも「自分の得意技」を自由に楽しめるからね。あとグランドファンクの「ハートブレイカー」(or井上陽水の「傘がない」)進行も鉄板。昨夜は、Taki's Barのマスター瀧ちゃんの「鼠径ヘルニアブレイカー」が秀逸だった(笑)

 

こういう「いかにもミュージシャンが集う忘年会らしい忘年会」は、久しぶりだな。若い衆と語らって「どれ、じゃぁ〜何かやるか!」とベースを弾いて...この場を提供してくれたA.LIVEさん、そして、ベースの使い回しを快く引き受けてくれたそーめーちゃん(スターレスNEO)に、感謝感謝だね。

 

 

午後3時過ぎから飲み始めて、店を出たのが8時過ぎ。飲んで語って観て弾いて...いやぁ〜5時間なんてあっという間だったよ。来年は、せめてストラップだけは持参しますから、また誰かベース貸して(笑)

正真正銘・Stamp Band5周年記念Live

  • 2018.12.03 Monday
  • 16:42

12月1日(土)の夜は、小樽市A.LIVEで「Stamp Band結成5周年記念ライブ」...実は昨年も「Stamp Band結成5周年記念ライブ」というタイトルでライブをやったんだけど、ホントは4周年だった事が発覚。で、今年は正真正銘の「5周年」記念となったワケです。

 

 

Magical Moon Fantasy

どうにもとまらない

大ちゃん数え唄

石狩挽歌(坂本冬美Ver.)

夜桜お七

帰ってこいよ(坂本冬美Ver.)

落陽

 

勝手にしやがれ

にがい涙

その気にさせないで

天使のささやき

荒野のならず者

One Night Only

You Don’t Have To Be A Star

 

- - Encore - -

クリスタル・ムーン

パラシュート

 

その気にさせないで

 

当日は、朝から会場入りする直前までバイトをしてたので(ベーシストとして)恒例の「ライブ当日、自宅で行うルーチン(詳細省略)」を経ずに臨んだ。だから前半は中々調子が上がらなかったけど、中入り後は安定したプレイを披露できたかな?

 

このバンドの(自称)プロデューサーとしては、出し物や構成については満足してる。相変わらず相当怪しげな曲も並んでいるけど(笑)でも、特にフロントラインでボーカルを取るメンバーの個性を活かした構成にしたつもり。それにしても5年もやってりゃ、当時全くの素人だった「ちょんこ」や「のっこ」も成長したよ...元々「ステージ度胸(だけw)」は満点だったからね。

バンマスの「お兄ちゃん」は否定してるけど、聴きに来ているお客さんは「ほぼ全員、親戚よりも親しい他人」だし「大人の学芸会」的なノリで全然OKでしょ...むしろ素人臭さがないと、あるいは「演ってる方も観ている方もハラハラ」しないと、Stamp Bandらしくない...という批判までありそうな感じだし(笑)

 

ベーシストとしては、このバンドはホント好き。何たって出し物のジャンルが多岐なので、過去に培った資産をフルに活かせる曲が多いからね。で「次はこの曲をやりたい!」って持ってくる曲それぞれが、耳コピーしてると実に勉強になる曲が多くて...まぁ参加しているバンド全てに言える事だけど「どんなバンドであれ引き受けた以上、全身全霊かけてやり遂げる」ってスタンスは変わらないし、このバンドも例外ではないよ。

 

会場で打ち上げをやって、二次会の「Modern Times」を出たのが午前4時頃だったのは覚えているけど...何を語らったのか、どうやって家に帰れたのか、全く記憶がない(笑)

還暦感謝祭(笑)

  • 2018.10.28 Sunday
  • 16:10

昨夜は「HOT&COOLの納会」の予定で、会場の「A.LIVE」に行ったんだけど...

 

店に入ると、メンバーの他には顔なじみがいただけの普通の雰囲気。テーブルに付いて「さぁ、しゃぶしゃぶ食うかぁ〜...鍋はまだかな?」と思ったら、突然BGMが大きくなって、2階からぞろぞろと友人たちが。あら?ウチのヤツも娘もいるぞ...何だよこれ〜

 

で、始まっちゃった「松っあん感謝祭」(笑)いやぁ〜見事に騙されたわ。ウチのヤツにも騙された...「今日は(娘と)待ち合わせて、買い物に行ってくるわ」な〜んて、シレッと家を出て行ったのに...

 

 

いやしかし、素直に嬉しいね。40年来の付き合いの、いつもの温かい仲間たちがこうして私の「満60歳」をお祝いしてくれるなんてね。

 

 

スペシャルなケーキを用意してくれたり、大好きなバーボンをプレゼントされたり、懐かしいメンバーとのセッションもあったりで、楽しい夜だった。無駄な抵抗はあきらめて、用意してくれた赤い頭巾とちゃんちゃんこも着たし(一生に一度だからね)

 

ホントに皆さん、ありがとう。いくら感謝しても、感謝しきれない。

 

家族や仲間たちに支えられて過ごしてきた60年...さて、どんな形で恩返しをすれば良いものか?

 

まずは「来年以降続々と満60歳を迎える仲間たちを、どう騙して引っ張り出して赤いちゃんちゃんこ着せるか」...それからだな(笑)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM