RSS | ATOM | SEARCH
猫モップ

最初にお断りしておきますが、下の画像は「我が家の猫の首根っこを捕まえて虐待している」あるいは「イタズラをしたので懲らしめている」ワケではありません。

 

 

だって本人(本猫?)が「もっとやれ」って要求してくるもんですから、それに応えているだけですから...まじで。

 

犬はどうか知りませんが、母猫が子猫の首筋あたりを「カプリ」と咥えて持ち上げて、どこかに移動させているシーンを見た事ありませんか?

 

ウチの猫は図体こそ一人前だけど、生後1年経ってない...だから「首根っこを捕まえられる」という感覚が恋しいんだろうか。こうして首の後ろ側の皮を摘み上げると(これがまた良く伸びるんだわ)「参りました」って感じで、床に這いつくばる。で、その状態で床の上をズルズルと引き回し(結構体重があるので、さすがに持ち上げる事はできない)。これを称して、我が家では「猫モップ」と呼んでいるんだよね...ついでにゴミやホコリを絡め取ってくれるとありがたいんだがな。

 

こうして首根っこ捕まえて床の上を引き回しても、全然抵抗しない。むしろ「え?もう終わり?」って感じで「あ〜幸せ」的にゴロゴロ言わせながら「もっとやれ」って擦り寄ってくる...大丈夫か、こいつ(笑)

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 21:11
comments(0), -
読書今昔(3)

昨年いよいよ満60歳になった私なんだが、未だに老眼鏡は持ってない。十分な光量さえあれば、例えば市販薬のパッケージに書かれた効能・用法用量等、思いっきりびっしりと書かれた小さな文字列も裸眼で読める...ただし「十分な光量があれば」というのが大前提。

 

と言いつつ、数年前から「寝る前には枕元で読書」という習慣がなくなった事も確か。私ゃ気に入った本なら、何回でも繰り返して読むタイプ。でも、むか〜し昔に買った本を読み返してみようかな?なんて思っても、当時の文庫本って異常なまでに字が細かいし、枕元の電気スタンドじゃぁ全然光量が足りない...まぁこのへんの事情は、一度書いた事があるな。

 

ある日ウィングベイの喜久屋書店で、30年近く前に買った本を見かけたんだよ。松本清張の「私説・日本合戦譚」(文春文庫)って本なんだけど「いやぁ〜懐かしいなぁ〜」って感じでね。手にとってパラパラとめくってみると...ちゃんと読めるんだよ、これが。

 

「読める...読めるぞぉ〜...」(天空の城ラピュタ:ムスカ大佐風に)

 

 

で、思わず買っちゃった(笑)

 

私が所有しているのは1990年の第18刷で、今回購入したのは2015年の新装版第4刷。新装版になってから、フォントサイズを大きくしたんだろうか...明らかに文字の密集感が減り、そのせいか若干本が厚くなってる。でも、おかげでどんなシチュエイションでも読める本に変身してたよ。

 

ちなみにこの本、第1刷は1977年で40年以上前のもの。当時と今とでは歴史的な認識が多少異なっている部分はあるものの、戦国時代の著名な合戦から西南戦争までを紹介しているんだけど、いかにも清張らしいドライな筆致が好きだな。特に「西南戦争」(っていうか、西郷隆盛の人物像)の部分では、同じ九州人でありながら海音寺潮五郎とは真逆な捉え方をしていて、実に興味深い。

 

iPadでiBooksやKindleも良いけど、たまには思いっきりアナログな「ページをめくる」という行為も良いもんだわ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 21:26
comments(0), -
謹賀新年2019

皆さま、明けましておめでとうございます

 

さて、今年はサブタイトルにもあるように「古希まで現役(満年齢でね...つまり満70歳)でいるつもり」の第一歩を踏み出す年。まぁ思惑通りに行くかどうかは、誰にも解らないけどね。

 

皆さんは穏やかな正月を迎えた事と思いますが、私ゃちょっと穏やかじゃないんだよねぇ〜

 

大晦日から風邪引いちゃって、元旦は頑固な痰(たん)と辛い咳と鼻水の大洪水に終始。2日には症状がかなり改善されたんだけど、今度は腰に違和感が。それでも夕方から、地元駅まで普通に徒歩で、今回はA.LIVEで初開催の「シルバー世代新年会」に出かけた。楽しく盛り上がった後「セッションやるべ!」という話になってね。んで店に展示しているHelen(StingRay‘79)のチューニング始めたら、1弦のペグが壊れて、結局2〜4弦だけ使って演奏するはめに。しかも、ストラップなしでアンプに中腰の姿勢で座って弾いてたら、腰痛が...。楽しい新年会がお開きになって店を出たのは良いが、マトモに歩ける状態じゃなくなってた。おそるおそるでも3m歩くたびに「ズキン!」と来て、しばし立ち往生。普段ならA.LIVEから5分とかからない小樽駅に着くまでに、倍くらいの時間がかかっちゃった...終電には間に合ったから良かったけどね。

 

 

「風邪を引く」わ「腰痛になる」わ「ベースが壊れる」わ...実は更にもう一つあるんだけど、年初にあまりネガティブな事ばかり書いてもなぁ〜。まぁそれぞれ、後日詳細を書いてみようと思いますのでお楽しみに。

 

何だか「つまずきまくり」で始まった今年の正月、この先思いやられるけども...とりあえず、本年もよろしくお願いします。

 

という事で今回この記事は、ベッドで横になってiPadで打ち込んでます。本日は朝から家の中を四つん這いで移動していて、マトモに椅子に座れる状態じゃないのでねぇ〜

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 09:53
comments(0), -
日めくりカレンダー(2)

今年からトイレに「日めくりカレンダー」を導入した話は既出。でも年初の頃はあんなに分厚かったのに、今年はあと3回ちぎれば大晦日(画像は昨夜撮ったものです)

 

 

今までも「1年なんて、早いもんだよね」ってのは実感してた。でもこうして過日買ってきた来年用との厚さを比べたら、そりゃぁ〜も〜一目瞭然でびっくり。何か、こう...「毎朝ちぎる事で始まる、今日1日の重み」っていうか「寿命が尽きるまでに、あと何枚(何十、何百、何千枚?)ちぎる事ができるのか?」っていうか...私も今年は無事「満60歳」になったので、何となくそんな感慨に耽るのですよ。これは、月めくりだとちょっと味わえない感覚かなぁ〜...これを導入した目的は、全然別な所にあったんだけどね。

 

ちなみに...あるサイトで計算してみたところ、私ゃ生まれてこのかた本日(2018年12月28日)までに、22,011枚ちぎってた事になるそうです。改めて「日めくりカレンダー」って、中々味わい深いもんですよ、はい。

 

ただ私の場合は設置場所が「トイレ」なんで、ちぎってそのまま水に流せる(+お尻も拭ける)紙で作られていたら最高なんだけどなぁ〜...どこぞの書店さん、作ってみてはいかが?大ヒット商品間違いナシですぞ!

 

と私が太鼓判を押しても、何ら説得力がないのは重々承知しております(笑)

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 17:36
comments(0), -
シゲオファミリー

毎年、雪が積もり始めると同時に、ウチのヤツが小鳥の餌台に餌を置き始める。今シーズンはいち早くシジュウカラの「シゲオ君」がやってきて、ヒマワリの種を突っついてるよ。意地悪なヒヨドリの「ジャイアン」はまだ見かけないし、あずましくゆっくりお食べ。

 

相変わらずたまぁ〜にカップルで来るくらいで、ほとんどは単独さん。でも今年は数日前、3羽同時にやってきたシーンを目撃。まぁ今までも、実は複数のシジュウカラが入れ替わり立ち替わりで登場し、そいつら全てシゲオ君と呼んでただけかも知れないけどね。それにしても、3羽同時ってのは初めてだな。

 

 

最初が「シゲオ」だったので、ついでに他の2羽は「シゲミ」と「シゲタロウ」と命名。ホントこいつらシジュウカラって、かわいいわ♡...3羽とも(当たり前か)ほっぺの白い模様と黒いネクタイが、実におしゃれ。

 

小鳥って生まれたての頃は別だけど、ある程度成長したら誰が親で誰が子供なのか判別できないし、オスとメスの区別もつかない(種類にもよるらしいけどね)だから本日も1羽見かけたんだけど、そいつが「シゲオ」なのか「シゲミ」なのか「シゲタロウ」なのかも、当然全く解らない。

 

...って、名前付けた意味あんのか?(笑)

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 15:58
comments(0), -
インターステラー

私が普段視聴している有料動画配信サービスは「hulu」と「Amazon:Prime Video」の二つ。

 

「どちらか一方で配信されている」あるいは「こちらでは既に配信は終了しているが、あちらでは引き続き楽しめてる」ような映画やドラマもあって、お互いに補完している感じを受ける...まぁ、あくまで私が興味のある作品に限った事だけどね。中には「深夜食堂ってドラマは、huluではシーズン1〜3まで視聴できるがPrime Videoは1〜2まで」とか「トム・クルーズのアウトローという映画はどちらでも視聴できるが、続編のジャック・リーチャーはPrime Videoだけ」なんて例もあったりするんだよ。

 

「Prime Video」で、今回のブログのタイトル「インターステラー」という映画が配信されてる事には気がついていた。4年前に娘と観に行った映画なんだけど、大スクリーンに映し出される映像は大迫力で美しかったし、中々面白かった。でも、物語の要となる部分には何とか付いていけたとはいえ(だから面白かったんだが)他のディテールに関しては、難解な部分や良く把握できなかった所があってね。今では中身はうろ覚えだし、改めて見直してみようかなと。

 

ところがこれ「プライム会員特典」(年会費を払っている会員は見放題)って扱いじゃない。つまり、視聴するためには¥199でレンタルするか¥2,000で購入せにゃならない。確実に「何回か視聴したら細部を把握できるかも知れないし、その後はたまぁ〜に観たくなる作品」になる事は間違いないとは思うけど、でも何だかな...

 

と躊躇していたら、最近「hulu」で視聴できるようになってたよ!「hulu」は、とにかくアップされている動画は全て見放題。この「インターステラー」も例外ではなく、おかげで何物にも囚われずじ〜っくりと視聴する事ができて、誠にめでたしめでたし。やるな「hulu」...いよっ、太っ腹!(笑)

 

 

で、改めて見直してみたら...公開当時は「緻密な科学的考証に基づいた映像美」がウリの一つだったはずだけど、それに囚われすぎた私自身への反省。で結局は、小難しい事をあれこれ考える必要もなく「あ〜面白かった」で観終われる、安定のS(科学)F(虚構)娯楽映画だよね...って感じ。この映画に登場する数々の事象に対して、当時何であんなに拘りを持って解釈しようと試みたのか...たった4年前なのに、最早自分自身でも説明不能。

 

余りにも前フリが長くなっちゃって、肝心の「見直した後のインプレッション」は十行未満で終了。今回のカテゴリーが「映画やドラマとか」ではなく「夏炉冬扇」にした理由は、そこ。

 

この映画を劇場で観た当時、私がどんな印象を受けて何を考えていたかは...よろしければこちらでどうぞ

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 17:07
comments(0), -
道標(みちしるべ)

小樽市内にお住いの皆さんは、街の中にこんな観光客向けの「道標(みちしるべ)」が建っているのを見た事があるかな〜?観光スポットへ向かう道のあちこちに建ってるんだけど、私ゃ全然気がつかなかった...っていうか「そう言われてみれば、確かどこかで見た事があるかな?」って程度。

 

 

そりゃそうだわ...私ゃ生まれてこの方ず〜っと小樽市民。だから、どこにどんな歴史的建造物や名所(あるいは観光客向け施設)があるか?な〜んてほぼ知ってるし、そもそも普段そういう所に近寄る用事もないからね。たま〜に通りかかったとしても、視界に入らないのは当然かも。

 

いつぞや「デザイン工房でアルバイト」って話は書いたよね。実はその仕事の中身は、これらの道標に書かれている内容を「現状に合わせた指示書に基づいて、アップデート(追加・削除・修正)する」って作業。なので、こういう道標が「市内に50基くらい建っている」って事も初めて知りましたよ...「へぇえ〜、そうだったんだぁ〜...そんなに建ってたっけ?」って感じ。

 

 

貸切バスでダイレクトに目的地に着く観光ツアーの皆さんは問題ないだろうけど、そうじゃなくて「ふらりと小樽に立ち寄ってみたくなった」みたいな人には、文字通り「道標」になるよね、たぶん、きっと...いや、是非そう願いたい。工房の女将さんと手分けして、英語はともかく中国語(簡体・繁体)・ハングル・ロシア語たちと悪戦苦闘しながら、誠心誠意丹精込めて打ち込んだものだから。

 

でも考えてみたら観光客の皆さん、普通はスマホで情報を入手したりガイドブック持ってたり、駅やバスターミナルで観光マップを入手したりして歩いているからね。これ自体が役に立つのは「地図を見てもなお、自分の位置が判らなくなった」時くらいだろうか...あれ?だからこそ、こういうのを「道標(みちしるべ)」って言うのか(笑)

 

小樽には、例年800万人くらいの観光客が訪れてくれているらしい。その中で「これらの道標が建っていて助かった」って人が何人かでもいたら、私ゃ嬉しい限りだねぇ〜

 

...と、バイトをする前とは掌(てのひら)を返すような(笑)「道標」への思い入れを書いてみた。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 11:06
comments(0), -
チーム スズキ エクスター

18日(日)は、MotoGP(ロードレース世界選手権)の最終戦バレンシアGPが開催。イアンノーネは残念ながら転倒リタイアだったけど、リンスは2位(雨で赤旗中断になる直前までずぅ〜っとトップだったから、これまた「残念ながら」と言うべきか?)

彼はこれで前戦から連続2位で、今年は5回表彰台に立った。イアンノーネも今年は4回表彰台に立ってるし、スズキとしても茂木以降は4戦連続で表彰台を獲得。最終的には全19戦中9回、二人のうちどちらかが表彰台に立った。総合順位も、リンスが5位でイアンノーネ9位という...昨年は二人とも一度も表彰台がなかったのに比べて、これは飛躍的な進歩だと思うよ。

 

アンドレア・イアンノーネ(イタリア)って役者のようなイケメンなんだが、昨年スズキに移籍する前のドゥカティ時代のイメージがあってね。な〜んとなく信用できないっていうか、天然ボケっていうか、素行が怪しげっていうか(こりゃレースにゃ関係ないか・笑)でも相棒のリンスは「彼がいなかったら今の自分はない」と感謝し「アプリリアでの最善を願う」とエールすら送っている。チームにはちゃんと貢献してたようだな...まぁ2年間お疲れさまでした。

 

アレックス・リンス(スペイン)は来年も続投。彼が乗ったGSX-RRって、何だかコーナーを面白いようにひらりひらりと軽やかに旋回してるって印象。今年は、いかにもマシンにフィットしてる感じが伝わって来るような走りが多かったと思う。「このマシンは、ここをこうすればこうなる」ってのを把握したのか、特にシーズン後半は「僕の手元には、素晴らしいマシンがある」と自賛してたしね。来年はMoto2から昇格するホアン・ミルと若者コンビを組む事になるけど、エースライダーとして自覚してるだろうし、頑張ってほしいもんだよ。

 

彼の走りで印象深かったのは、冒頭触れた最終戦よりも、むしろその一つ前の第18戦マレーシアGP。第8グリッドからのスタートだったけど決して焦らず、じ〜っくりと(かつ、淡々と)先行車を料理。結局は最終ラップで(ポールポジションだった)ザルコの隙を突いて2位...あれは実に根性ある走りだったわ。

 

 

今年のスズキは良く頑張った...とはいえ、2015年にMotoGPに本格的に復帰後は、2016年にビニャーレスで初優勝以来、表彰台の真ん中には立ってない。現在他のメーカーとは明らかにトップスピードは足りてない気がするけど、来年は何としても克服して「ホンダ」「ドゥカティ」「ヤマハ」に一泡(も二泡も三泡も)食わせてほしいね。

 

今までホンダやカワサキ、ヤマハのバイクには乗っていたが、スズキとは全く縁がなかった私だけど...来年も応援するよ、メタリックトリトンブルー。

 

余談だけど、こういうレースの模様は、スカパー!の「日テレG+」で見てる。Moto3・Moto2クラスの解説者達は、中継でたまに熱狂しちゃってもその話ぶりには好感が持てる。でも、肝心のMotoGPの解説者の一人「宮城光」ってヤツは何だかな...しゃべり過ぎだろ?科学的に根拠のない話(天候関連)含めて、とにかくうるさくてかなわん。正直、彼が解説者となっているレースは「消音」して、画面だけを手に汗握って見ている状態だな。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 21:29
comments(0), -
免許証の写真

先月の「とりあえずAsada Band」のライブ終了直後、会場となったNewportで、メンバーやお客さんたちと軽〜く一杯やっていてね(後日、あずましく打ち上げをやった話も既出)その中で、たまたま「運転免許」がどうのこうのという話題になって、ふと気がついた...あれ?私って、まだ更新してねぇ〜や。

 

いやぁ〜危ない危ない...もしあの時話題になってなかったら、流すところだった。んで過日、有効期限ギリギリに更新に行ってきた。四輪の免許は持ってないけど、ウチのヤツのスクーターで出かける事も結構あるしさ。それに、万が一totoが当たったなら、7万円で近所のバイク屋さんに出ている、中古の懐かしい「CBX250RS」(1983年製)を買ってみたいし...セコい話だな(笑)

 

それはともかく、優良講習終了後に渡された免許証と5年前の私の顔をしげしげと見比べて、笑っちゃった。画像向かって左が5年前、右が現在。

 

 

5年前っちゃぁ〜まだ仕事をしていて、体重がピークを迎えていた頃。つまり左は体重が66kgに迫ろうかという状態で、右は52kg±1kgの状態。ヒゲの有無はともかく、顔の輪郭がまるで違うわ。

 

昨年だったかな?当時の同僚に街でばったり出くわして(彼は仕事中)「痩せました?っていうか、病気でもしましたか?」と言われて笑ったんだけど、そう言われるもの無理はないな...と、改めて思った次第。

 

同年代の皆さんは、普通であれば来年3月末で60歳の定年退職でしょ?さ、仕事を辞めて(歩いたり走り込んで)健康になりましょう!(笑)

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 17:04
comments(2), -
地震余波

先月の胆振東部地震から1ヶ月ちょっと...でも、今でもたまぁ〜に余震があってね。当地は大したことはないけど、本日(あら?もう昨日になっちゃったか)もグラっと。

 

津波による甚大な被害をもたらした25年前の「北海道南西沖地震」の時でさえ、こんなに「余震」を感じた記憶がない。だから「揺れ」に対して、ちょっと神経質気味(当地では一般的に「神経たかり」と言う)になっちゃってね。今日はけっこうな強風が吹き荒れていたんだけど、突風で家のどこかが「ミシッ...」って鳴ると、ん?また(地震が)来たか?って感じさ。

 

それでなくても、ちょっとした事で何となく「あれ?今、揺れた?」って思う事も多くなった...まぁ「気のせい」や「錯覚」なんだけどさ。自分の部屋にいる時は、気のせいかどうかは電灯のスイッチ(先端にカラビナ付き)の紐を見りゃ一目瞭然。これが全く揺れてないのに「揺れた」と感じるって事は...

 

 

元々血圧は高いんだけど、最近相当上がってるのかも知れない。

 

(笑)と付けて〆ようかと思ったけど、もし本当にそうだったら...このオチはシャレにならんな(笑)

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 00:25
comments(0), -