RSS | ATOM | SEARCH
高校野球北海道代表

100回目の夏の甲子園が開催中で、連日熱戦が繰り広げられている。残念ながら北海道代表の2校は、初戦で敗退。

 

 

特に南北海道代表の北照高校は、小樽市で地元。私ゃ昔、10年ほど仕事で余市町に通っていた頃は、いつも札幌から来る始発電車に乗っていてね。銭函発は6:40なんだけど、札幌近辺から通っている北照高校の野球部の生徒が、ほぼ毎日ユニフォーム姿で5〜6人は必ず乗っていて、小樽で下車。この子たちも大変だけど、頑張ってね...って思った記憶が蘇るよ。

 

北北海道代表の旭川大高も惜しかったなぁ〜...9回裏に1点差を執念で追いついて、サヨナラ寸前だったんだけどなぁ〜。結局、延長戦タイブレークまでもつれ込んでの敗退だった。でもあの試合、3対2の1点リードで迎えた8回表、文字だけで表現するなら「2アウトランナーなし」から2得点を許し、逆転された...と、書けばこうなる。でもあれ、3アウト目になるはずの相手バッターが打った打球は、記録上は「レフト前ヒット」になってるんだけど、明らかに「誤審」だな。私のパッと見でもテレビのスローで見ても、レフトの選手はちゃんとグランドスレスレで、ノーバウンドで捕球していた。その後エラーがらみで2点取られて1点差を逆転されてしまったけど、あの誤審がなければ普通に3アウト...って事は1点リードのままの9回表を迎えるワケだから、どうなってたか判らんよ。まぁでも、それもこれも「高校野球」というカテゴリーを構成する要素の一部だと思う...残念ではあるが、これはこれで仕方ない。

 

両校とも、実に良い試合だった...心から「よく頑張った、お疲れさまでした」と言いたい。

 

猛暑の中での試合なので、野手がフィールディング中に足がつり、治療で試合が中断...っていうシーンを、色々な試合でたまに見かける。そんな時に「相手チームの外野手が倒れた時、敵なのに真っ先にベンチから水を持って駆け寄って手渡し、見守る」ってシーンがあったんだけど、感動した。監督から言われたのか自ら飛び出したのかは判らないけど、何か美しい青春って感じだよね...だから高校野球って好き。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 08:53
comments(0), -
日替わり人生訓

「朝の10分間が一日の成果をきめる」...昨日の日めくりに書いてあった言葉なんだけど、ん〜何が言いたいのか、解るような、解らないような?

 

この人生訓...出典が書いてないから、このカレンダーの製作者のオリジナルなのかも知れないな。まぁ一般的な日本人の倫理観に基づいたものである事は解るんだが、中にはこういう「?」ってのもあってね。

 

「怒った人は口を開いて目をとじる」「時間の節約は命の延長につながる」「最悪だという時はまだ最悪でない」「病気は身体の故障ではなく心の故障」etc...

 

今年初めて導入した私の日めくりカレンダーには、こういう「格言」というか「人生訓」というか、そういう情報も書いてある。日めくりだから365日分あるのかな?と思ったら、さにあらず。いつぞや「あれ?これってデジャヴュだな」と思って数えてみたら、2ヶ月ちょっとでループしてた。

 

 

「知恵をしぼって人の三倍働こう」というのもあれば「自分の分を守り決して無理しない」ってのもあって、時と場合によるケースも多い。何だか人生の指針としては心もとないが...まぁ毎日便器に座って暇つぶしに読んで、あれこれ妄想するネタにはなってるよ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 01:50
comments(0), -
大谷翔平

月曜日だったか...「DAZN」でエンゼルス対ドジャースを配信してたので見てみたら、大谷翔平が代打で登場したところだった。結果は、私が見始めてから2〜3分後に「代打勝ち越しホームラン」をセンターへ...いやぁ〜、実に良いタイミングだったわ。

 

んでこの時の「DAZN」は「ESPN」(アメリカのスポーツ専門チャンネル...みたいな感じ?)の全米中継を拝借していてね。その「ESPN」の、彼がホームランを打った後の放送内容が面白かったんだよね。

 

 

相手ピッチャーの交代の時間とかを利用して、視聴者に「大谷翔平は、今後どうすべきか?」みたいなアンケートを(ツイッターを通して)行ってた。34,969人から投票があったんだけど、「二刀流継続62%・野手かDHに専念21%・投手に専念17%」という結果だったので、やはりアメリカ人も「二刀流」の活躍が見たいんだな。

 

あと傑作だったのは、やはり幕間に「OHTANI'S GOAL」と題した表が放送されたんだよ。何て訳すのか良く解らないけど、とにかく「目指すところ」とか「将来像」とか、そんな感じなんだろう。そこに書かれていたのは...

 

24歳:ノーヒットノーランを達成し、25勝する

26歳:ワールドシリーズで優勝し、結婚する

28歳:長男が生まれる

36歳:シーズン奪三振記録を塗り替える

37歳:長男が野球を始める

38歳:引退を考え始める

40歳:引退試合でノーヒットノーランを達成する

(以上「当たらずとも遠からず」的な意訳)

 

今回の大谷はベンチスタートだから、試合に出るかどうか判らないはず。「ESPN」のディレクターか誰かが、このホームランを見て急いでこしらえたものなのか?あるいはあらかじめ用意していたのか?それはともかく、余計なお世話でふざけすぎだろ?...しかもこれ、全米中継だぜ(笑)

 

彼が今まで、ほとんどジョークのような信じられない活躍をしているのを受けて、このままで行けば「これくらいの事はやっちゃいかねない」という雰囲気は伝わってきたね。「DAZN」の解説とアナウンサーは日本人だったけど、元の「ESPN」の放送は英語だから、できればそのまま流して欲しかった。きっとゲラゲラ笑いながら放送してたに違いない。

 

NHK-BSで見てた人も、このアンケートや表は見れたのかな?

 

これを見てもアメリカでの彼は、何となく「若いのに凄腕だが、愛すべきイヂられキャラ」的な存在である事が解るような気がしたよ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 21:17
comments(0), -
ピアノ磨き

一週間ほど前かな?難解なベースラインを耳コピーせにゃならん事があってね。そういう時はいつもピアノを使って解読するんだけど、ふとピアノ本体に目を向けると...「なんか...コ汚ねぇ〜な、これ」と、改めて認識。

 

もちろん数年前まで、たま〜に思い出した時に清掃はしてたよ。でも、これを購入した時に付いて来た「液状のピアノクリーナー」って、白い拭き残しが目立って使い辛くてね。私のやり方がヘタクソなだけかも知れないけど、とにかく「綺麗になったのか汚くなったのか、良く判らない」状態になっちゃう。なので、ここ数年は「普通のハンディーワイパー」で、私の担当である2階の掃除のついでに、本体の埃を払うだけにしてた。

 

気になり出したら、もの凄く気になる...でも、今までの繰り返しなら進歩がない。何か抜本的な解決方法はないものか?

 

そこで思いついたのが、ウエットティッシュ形式になっている「液晶クリーナー」...そう、パソコンやスマホの画面を清掃するヤツね。いつもiPadやMacに繋げてる液晶モニターの清掃に使ってるんだけど、拭き残しが目立たず、すぐ乾く。仮にあっても、楽器用のクロスで拭けば全く問題なく、すごく綺麗になる。そうだよ...こいつ(ピアノ)にも使ってみるか!

 

で、丸一日かけて鍵盤以外を清掃した結果がこちら...

 

 

そりゃ〜も〜ツルツルピッカピカ!

 

思わず「たまにはブルグミュラーでも弾いてみるか」って気にさせてくれるような仕上がりになって、大満足。

 

この電子ピアノ、本体は鍵盤含めて全て木製。だから「液晶クリーナーで拭く」なんてイリーガルに違いないだろうし、将来的に塗装に何らかの悪影響が出るかも知れない。でも今の所、一度こうして綺麗にした後は、楽器用のクロスで拭くだけで「ツルピカ」状態がキープできてる。これはこれで、実に気分が良い。

 

ただし...

 

綺麗にしたらしたで、今度は「少しでも曇りが付いたら、嫌だな」って思うようになっちゃってね。毎日のようにあらゆる方角から眺めては、楽器用クロスで清掃するのが習慣化しつつある。ん〜...たいして時間はかからないとはいえ、私もある意味「強迫症」になっちゃったか?...商売道具である「エレキベース」に関しては、埃・キズ・手垢・打痕なんぞ全く無関心なのになぁ〜

 

何でだろ?...何だか、シャレにならんオチだな(笑)

 

ちなみに、これ読んで「じゃぁ私も液晶クリーナーを試してみるか?」って思った方がいたら、あくまでも自己責任でお願いしますよ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 22:17
comments(0), -
寝相

ひと月ほど前にウチのヤツが連れて来た子猫なんだけど、いやぁ〜...寝相が悪いにもほどがあるべ。

 

これは、まだマシな方だが...

 

とか(´・ω・`)

 

とかさ...

何なんだよ、コイツ( ´△`;)

 

まるで「狙撃されて、その場に倒れた」としか思えないような格好で、死体のようにぐっすり眠ってる。facebookでこれを見た友人の話によると「安心しきってるから、こんな無防備な格好で寝ることができる」みたいなんだがね。

 

普段はコイツ、滅法元気なヤツでね。1日数回はそこら中を、気でも狂ったかのようにハンパない勢いで駆け回る。かと思えばドタバタ駆け回っている最中に突然思い出したようにピタッと止まって、いきなり毛づくろいを始めたり...ウチのヤツが連れて来た猫はコイツで三代目だけど、全員何か良く解らん連中ばかりだな。ま、猫なんてそんなもんか。

 

で、ちょっと静かになったな...と思ったら、家の中のどこかで上のような格好で寝てたりするワケだよ。

 

まだ子猫だから、これからどうなって行くのかは判らない。判らないが、ウチのヤツは既に完全に舐められている(遊び相手なのに、餌までくれる...みたいな?)のに対して、私には近寄って来ないし、私の部屋に入って来る気配もないし、常に私の顔色を伺ってビビっている。よしよし...これから先も、ずぅ〜〜〜っとそうしていろ(笑)

 

まぁ寝相で言えば、比較対象は先代の「大和」だな

 

 

猫の寝相って、こんな感じじゃないの?普通はさ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 20:13
comments(0), -
「桜」見納め

昨日Macの「写真」を整理してたら、こんな画像が見つかった。日付を見たら、昨年(2017年)5月9日になっている。

 

 

きっと当時「お〜明日には満開だな」って感じで撮ったんだろうけど、これをネタに一筆書いた記憶はないな。そういや先月「今年の桜は、明らかにフライングだよな」と思って撮ったのがこちら。日付は2018年4月30日。

 

 

こちらもブログのネタにはしてないけど、日付を見ると、いかに今年が早く満開になったかが解って面白い。でもこの我が家の玄関先の桜(ソメイヨシノ)も、今年で見納め。

 

というのも、余りに根っこが張り過ぎてね...お隣さんの車庫のコンクリートを持ち上げて、それを割れんばかりの勢いなんだよね。ウチのヤツが見かねて「父さん、この秋に切ってもらおうと思う」ってんで「その方が良いかもね」って感じ。私ゃ玄関先や庭周りには興味も関心もなく、彼女がそう言うんならそれで良い。

 

植えてから30年近くになるだろうこの桜...草木花々はどうでも良い私だけど、この木がなくなったらなくなったで少々寂しいかな。まぁ裏庭には、こいつより少々遅めに咲く八重桜君もいるし、来年からはそちらを愛でながら一杯やるとするか。

 

お役目、ご苦労さん。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 17:39
comments(0), -
パ・リーグ順位予想

我らが「北海道日本ハムファイターズ」は、本日は勝った。まぁ相変わらず最後に登場する「石川(直)」と「トンキン」は「自分で見せ場を作っておいて、結局は抑える」という、ハラハラドキドキで心臓に悪い(笑)展開だったんだがね。まぁ最終的には「ソフトバンク」も負けなかったけど、とりあえず3位はキープ。しかし今年の「西武」は、負けないなぁ〜...責任の一端は、開幕直後のファイターズにあるかも知れないが。

 

でね、急に「NPBパ・リーグの、本年のペナントレース順位予想」という「Web Sportiva」の記事を思い出してさ。何だかファイターズは全然期待されずにボロクソだったような記憶があって、改めて見てみたんだよね。そしたら、野球評論家による順位予想としては以下の通りだった。

 

 

もちろんまだ5月初旬だから、最終的にどうなるかは判らんよ。でもこうして評論家さんの予想順位の平均を見ると、大谷翔平が抜けた後にも関わらず、頑張ってるんじゃないの?ファイターズ。逆に期待はずれなスタートを切ったチームも2つほど...

 

秋には「結局どうだったのよ?」を書いてみようと思う。

 

2012年には、ダルビッシュが抜けたにも関わらず優勝してるしな...当時の春先の予想順位がどうなっていたかは判らんけどね。さぁこれから、どんな展開が待っているのか?楽しみだな。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 19:51
comments(0), -
四方八呆な3周年

この「四方八呆」は2015年5月1日に書き始めたので、本日で3周年。

 

実は先週あたりから「記念記事でも書こうかな?」と思って、あれこれ下書きしてたんだよね。でも、なぁ〜んか気分が乗らない上に、他にも書きたい事が色々あって...でも、ひとまず「一区切り」には違いない。

 

 

この秋、私ゃ満60歳の誕生日を迎える。ミュージシャンの端くれとしては、サブタイトル通り「古希まで現役」でいるつもり。でも、こういうブログの方はどうかな?...これからも思いつくまま気の向くまま、好き勝手を書いて行きたいとは思ってるんだけどね。

いずれにせよ「読む・読まないは、皆さんの勝手」っていうお気楽さは好き。

 

よろしければ、これからもご贔屓に。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 21:35
comments(0), -
バリケードの支柱

こちらの画像は、駅へ向かう途中の「工事中の橋」に設置されている「人は通すが、車は通さない」用バリケード。昨年の晩秋くらいから置いてあるんだけど、私が注目したのは、その支柱。

 

 

最初に目にした時「何だよ?このデザイン...」って感じで、遠目には「緑色をしたヤツメウナギ」か「背びれがない緑色のイルカ」みたいな印象。それから何回か(って事は、何日か)通り過ぎて、やっと元ネタが判った...これ、きっと「北海道新幹線」の車両がモチーフなんでしょ?まぁ鉄道マニアの方は一発でしょうが、私ゃ全然なんで。そもそも「北海道新幹線」ったって現在は函館近辺だけだし、こちら辺りまで延伸されるのは2030年らしいし。

 

でだ、思うに「どうしてパッと見、生物に見えたのか?」って所が、自分自身でスゴく気になってさ。別に「鉄道マニア」に限らず、遠目に見たって普通「これが生物なワケねぇだろ?」って事になるんだろうな...と、そう思って。

 

生物に見えたという事は、私ゃ過去「こういう形態の生物を見た事がある」に違いない...でも、思い出せない。脳の片隅に刷り込まれているからこそ、第一印象が「生物」に見えたに違いないからね。でも、いつ・どこで目にしたのか?...全然思い出せない。以後半年ばかり、何となく悶々とした日々を送っていたんだよね。

 

でも先ごろ、やっと理由が解ったよ...このバリケードの支柱のモチーフが「なぜ生物に見えた」のか。

 

数日前、たまたま「NHKオンデマンド」で、十数年前に放送されて毎回楽しみに見ていた記憶がある「地球大進化」って番組を見ていてね。で、その第2回「全球凍結」ってのを見ていた時...「これだ!これだよぉ〜」っていう画像に巡り合った。それがこちら...

 

 

放送された当時「化石が発見されたばかりで、名前すら付いていない」と紹介されていた生物。6億年ほど前に「全球凍結」という...まぁ氷河期なんてハンパなもんじゃなくて、地球全体が氷と雪で覆われて(つまり、雪だるま状態)数千万年間カッチンコッチンになってしまったイベントがあったらしくてね。この生物は、その全球凍結が終わった後「それまで単細胞生物だったのが、いきなり多細胞化+大型化&多様化」して、爆発的な進化と共に大挙として出現した「エディアカラ生物群」の一種。とにかくこの番組を見た当時「へぇ〜...そんな事があって、こいつかぁ〜」というのが、強烈に印象に残っていたんだな(他にも放映当時知られていた生物は出てきたけど)

 

だから、バリケードの支柱に描かれたモチーフが「パッと見、生物」に見えたワケだよ...だって、似てるっしょ?

 

自分で納得してスッキリしたんだから、これでお終い。もし「これの、どこが?」あるいは「全然似てねぇ〜じゃねぇ〜か!」等々の指摘・ご意見があったとしても、無視させていただきます(笑)

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 16:55
comments(0), -
メタリックブルー色々

そういや先週18日(日)、MotoGPの開幕戦がカタールで開催されたよね。特に最終ラップのドヴィチオーゾ(DUCATI)とマルケス(HONDA)のバトルは手に汗握って見応えがあったが、振り返ればいつの間にかすぐ後ろにはロッシ(YAMAHA)がいたりして...中々面白かった。

 

MotoGPには色んなバイクのメーカーが参戦してるけど、何となく(あくまで、何とな〜く)応援してるのは「SUZUKI」...私の歴代愛車は「HONDA」「KAWASAKI」「YAMAHA」で、過去「SUZUKI」とは縁がなかったんだけどね。このGPマシンがカッコ良いとか、スペックがどうのこうのには余り興味がない。ライダーのリンスやイアンノーネの、特にファンというワケでもない。にも関わらず、どうして「SUZUKI」を応援してるかというと...

 

こちらがSUZUKIのマシン「GSX-RR」

 

 

で、これは私が普段愛用しているCatherine(キャサリン)...sandberg・CAJM5

 

 

どうですか?GSX-RRのメタリックトリトンブルーとCatherineのメタリックレークプラシッドブルー...色合いの微妙な違いはあれど、何となく似てるよね?何年か前にSUZUKIがMotoGPに再復帰以降、マシンはず〜っとこの色。以来「色の縁」で、成績こそ芳しくないけど、何とな〜く応援してる。昨年は一度も表彰台に上がれなかったはずだけど、今年はどうなるのかな?

 

このメタリックトリトンブルー、何となくコース上ではひらりひらりと難なく他車をかわせそうな、そんな軽快な色に見えるんだよなぁ〜。でも、中々どうして...そううまくは行かないみたいだね。ま、リンスとイアンノーネ、これからも頑張ってね。

 

「何となく」ばかりで、すみません。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 01:42
comments(0), -