RSS | ATOM | SEARCH
76期A級順位戦残留争い

いやしかし、今年のA級順位戦は面白いことになってるねぇ〜。3月2日に最終一斉対局が行われるんだけど、勝敗によって様々な可能性がある最終戦になってる。誰が佐藤天彦名人に挑戦する事になるのか?誰が「B級」へ降級するのか?

 

将棋については門外漢だけど、いつぞやNHKの「将棋のいちばん長い日」ってドキュメンタリーを見て以降、順位戦の仕組については興味があってね。これには「残留者決定戦」みたいな制度がないので、どの級であれ「降級」「降級点」の線上に同成績の人が複数人いると、やはり「順位」が物を言うんだな。

 

世間一般的には「名人への挑戦者争い」に耳目が集まると思うが、私ゃどちらかと言えば「A級残留争い」の方が気になる。とにかく自分が勝っても残留できなかったり、逆に負けても残留できたりするケースもあって、私も少々混乱していてね。そこで、知り得る情報と日本将棋連盟HPの「名人戦・順位戦の規定」を参考に、今回は「自分向けのメモ」って感じで整理してみると...

 

既に屋敷は降級が決まっているので、今期3名の「B級への降級枠」のうち、残り二つを「渡辺棋王(4勝5敗)」「深浦九段(4−5)」「三浦九段(4−5)」「行方(なめかた)八段(3−6)」の4名でサバイバル。

 

 

渡辺と三浦は直接対局なので、とにかく勝った方は無条件で残留。三浦は負ければ即降級だが、渡辺は負けても深浦が負けて同じ4勝6敗になれば、順位(名前の左に書いてある数字)が上なので残留(G・H)その深浦も勝てば無条件で残留だが、負けても三浦と行方が二人とも負けた場合は、三浦より順位が上だから残留(D)いずれにせよこの3名は、相手が誰であれ自分が勝ちさえすれば降級する事はない。でも微妙なのは行方で、負ければ即降級は当然。しかし必死こいて勝って4勝6敗としても、残留できるのは(C)の場合のみ。三浦・深浦どちらかが勝つか(A・G)あるいは二人とも勝つと(E)自分が勝っても降級になっちゃうんだよね...まぁ現在3勝6敗だから「勝てば残留できる可能性もある」と言った方が正しいかな。ホントこの4名、崖っぷち!

 

たぶんこれで、全てのパターンを網羅してるはず(合ってるよな?)3月2日の最終一斉対局は、どのケース(A〜H)で決着がつくのか?...目前の対局に全てを賭ける「将棋のいちばん長い日」に相応しい展開になってるなぁ〜

 

肝心の「名人への挑戦権争い」も似たような状況か?仮に、現在「6勝3敗」でトップにいる久保王将・豊島が二人とも負け、さらに稲葉と佐藤康光二人とも勝ったら、豊島に勝った広瀬と羽生竜王含めて6勝4敗の6人でプレーオフ...って事になるのか、おい?いや〜、これまたスゴい事になってるぞ。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 11:06
comments(0), -
タメ年ミュージシャン

かつて、私の自慢の一つに「プリンス、マドンナ、マイケル・ジャクソンと同い年」ってのがあった。

 

まぁ「タメ年生まれ」という事だけが共通項で、三人とは友達なワケじゃないから、自慢もクソもなかろうが(笑)...つまり全員私と同様、今年60歳を迎えるんだよね。悲しい事に、そのうち二人は「もし生きていたら」になっちゃったので「過去形」なワケですが。

 

さて、では同じ1958年戌年生まれで今年60歳を迎える内外の音楽関係者と言えば、これがまたけっこう有名な人が多いかも。自慢ついでに(?)私が一度は聴いたことがある人に限って列挙すると...

 

八神純子、CHAGE&ASKA、アニタ・ベイカー、石川さゆり、ピンクレディーのミーちゃん、織田哲郎、田中義剛、シルヴィア、伊藤咲子、桜田淳子、秋元康、そうる透、久保田早紀、西川峰子、プリンス、中原理恵、ケイト・ブッシュ、高橋ジョージ、マドンナ、佐藤しのぶ、マイケル・ジャクソン、玉置浩二、石川優子、豊川誕、森昌子、山川豊、マーク・キング、小林明子、岩崎宏美、小室哲哉(生年月日順・太字は故人)

 

ってところかな。これをご覧の皆さんの年代や同業者以外の方には「誰それ?」って人もいるよね、きっと。しばらく音沙汰がない人もいれば、一発芸で終わってしまって「あの人は今」的な人もいる。

 

 

このリスト、何年か前にブログのネタ用に調べたものなんだけど、当時「へぇ〜、玉置浩二も小室哲哉もオレとタメだったんだぁ〜」とか、色々感銘を受けたものです。私もミュージシャンの端くれですが、見ている景色が全然違う人ばかり...って、当たり前か(笑)

今回は音楽関係者だけピックアップしたけど、他にも「タメ年生まれ」のタレントや有名人も同時に調べてまして。音楽関係者以上にビックリな人とタメだったりして、なまら面白かった(例:久本雅美w)んだけど、これまたそのうち紹介しますか...

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 10:31
comments(0), -
サブタイトル変更

前回のお約束通り、サブタイトルを変更しました(勝手にやってろ?w)

 

昨年までは「--アラ還(で自由人な)ベーシストの日常」だったんですが、ご覧の通りこれからは「古希まで現役でいるつもりのベーシストの日常」

 

「古希(70歳)とはまた、ずいぶん大きく出たんでないかい?」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実際に身近に「とっくに古希を通り越した、バリバリ現役のミュージシャン」がいるのでね。何せ「とりあえずASADA BAND」のA.G.&Vo.浅田氏は、今年何と「リアル喜寿」(77歳)ですよ、喜寿!...やっと「リアル還暦」な私なんざ、まだまだ全然ハナタレ小僧ですわ。

 

 

それと、カテゴリーの名称も一部変更。昨年までの「アラ還の雑感」...今回のように「日々ぼんやり考えている事や感じている事」なんぞを、気が向いた時に綴ってきたカテゴリー。でも、もう「リアル還暦」になっちゃったのでね。これからは、そういう内容を綴る場合は「夏炉冬扇(かろとうせん)」という事に。意味は、日本語的には「昼間の行灯(あんどん)」ってところかな?要するに「役に立たない」って感じですかね。

 

ならば「アラ還の雑感」だけでなく、あんた今まで「夏炉冬扇・昼行灯」的ではない記事を書いたことがあるのか?...ですと?

 

ないです( ̄^ ̄)(きっぱり)

 

まぁでも、これで暫く(っていうか、向こう10年ほど)は、ブログに関してあれこれ悩まずに済むな。これまで通り、日々の出来事や思い付いたことを、思い付いたまま気軽に綴る...「ベーシストとして古希まで現役を目指す」以前に「そこまでこのJUGEMさんに居座るつもりか?」とか「そもそも、そこまで生きていられんのか?」という話は別にしてね。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 16:08
comments(0), -
謹賀新年2018

あけましておめでとうございます

 

2005年2月1日に「DOKUDAN」というタイトルで綴り始めて以来、2008年5月25日から「Horumonism」2012年4月22日からは「餃子焼けたか」そして2015年5月1日から綴り始めたこの「四方八呆」と、でれでれだらだらとブログを更新し続けて迎えた13年目の正月。「四方八呆」としては3年目を迎えるワケですが、当ブログのサブタイトルは「--アラ還(で自由人な)ベーシストの日常」

 

なんだけど、いよいよ来ちゃいましたよ「リアル還暦」(私ゃ1958年の戌年生まれ)

 

私の感覚では、例えば「アラフォーと言ったら39歳まで」っていうイメージなんですが、どうなんだろう?

様々な解釈はあると思いますが、先ほどの「アラフォー」で言えば「37〜39歳説」「37歳〜43歳説」あるいは「35歳〜44歳説」とか?まぁ色々でしょう。でも、ここはやはり自分の感覚を採用したい...つまり「還暦を迎えた以上、もはやアラ還ではない」

 

それに、わざわざ括弧書きにした『(で自由人な)』という部分ですが、これも「50代ならともかく、還暦を過ぎたら一応退職」ってのは一般的なイメージだし、珍しくも何ともなくなる。

 

 

という事で、次回からはタイトルの「四方八呆」はそのままにして、サブタイトルを変えます。「違うだろ」「ヘンだろ」「どうでも良いだろ」等々のご意見には、耳を貸しません(笑)

 

末筆ながら、皆さま幸多き1年でありますように...本年もよろしくお願い申し上げます。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 00:06
comments(4), -
シゲオ君

テレビルームで映画を見たりゲームをしたりする時に、窓の外にちょくちょく現れるこの鳥。以前ウチのヤツに教えてもらったんだけど、シジュウカラという鳥らしい...こいつがまた、可愛いんだ♡

 

 

サイズは、スズメよりちょっと小さいくらいかな?ほっぺの白と黒いネクタイがおしゃれで、この画像じゃ判らないけど、背中は淡いライムグリーン。庭の反対側の木には「餌台」を置いてるんだけど、そこからヒマワリの種を咥えてきては、こっち側で誰にも邪魔されずに器用に皮をむいて食べてる。あっち側の餌台周辺は「玄米目当てのスズメの集団」や「リンゴ目当てのヒヨドリ夫婦」がやってきては、餌台を独占してその場でガツガツ喰うからね。そういや、この辺の事情は一度書いた事があるな。

 

いつもならちょこまかちょこまかと、まぁ〜実に落ち着きがない。当然、餌を突っついている時も同様。でもお腹が満たされると、こうしてじっとしている事もある。じぃ〜っと私を見ては、時々首をかしげたくらいにして「昼間っからこいつ、何やってんの?」とでも思ってるんだろうか...余計なお世話だよ(笑)

 

付けた名前は「シゲオ」なんだけど、理由は特にない...何とな〜く「シゲオ」って感じだったから。でももう一羽、一回り体格が良さげなヤツもたまに一緒に現れるから、ひょっとしたらこいつはメスかも知れないが...ま、何でも良いよ。なんかこう...癒してくれるんだわ、はい。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 16:40
comments(0), -
永世七冠

将棋界に詳しい人でなくても、一度は名前を聞いたことがあるだろう「羽生善治」という棋士...5日はやってくれたねぇ〜。

 

何年かぶりに「竜王」に復位して、しかも通算して7期「竜王」を務める事になり「永世竜王」の資格を持った。しかもしかも、これで「竜王」「名人」「王位」「王座」「棋王」「王将」「棋聖」という将棋界のタイトル全てで、彼が引退後に「永世○○」を名乗る資格を得たと言う...これはもう「スゴい」を通り越して「どうなっちゃってんの?この人」というレベル。毎年挑戦者を退け続け、一定年数に渡って一つのタイトルを保持するのも大変だろうに。

 

今回は、ここでも取り上げたことがある「昨年、挑戦者となるべき相手をスマホを使ったカンニング疑惑で訴えてピンチヒッターを立たせ、涼しい顔をして防衛した渡辺明」を圧倒してのタイトル奪取...実にスッキリとして、気持ち良いなぁ〜。

 

 

「囲碁」には少々心得はあるが「将棋」はさっぱりな私だけど、「ニコ生」でその歴史的瞬間を見る事ができて良かった。後の楽しみは、これまた前人未到の「タイトル獲得数100期」達成だな...頑張ってね。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 02:47
comments(0), -
津波ハザードマップ

我が家は「歩いて5分で海水浴場」という所に建っている。だから、もし近海(日本海東縁部)で「東日本大震災(3.11)」クラスの地震が起きて津波が押し寄せたら、土台ごと家をきれいさっぱり持って行かれて「はい、さようなら」は確実だと思ってる。

 

先頃、小樽市が作成した「小樽市津波ハザードマップα函地区(1)」が配布されてきた。これには「津波浸水予測範囲」と言う、つまり「津波が来たら、どの辺がどれくらいの深さで浸水するか」が、色分けされて載っている。ただ震源がどこで、その規模がどの程度を想定しているのか、それが良く判らないんだよねぇ〜...意味あるのかなぁ?

まぁそれはともかく、その図によると...

 

 

小さくて少々見にくいかと思うけど、ピンクの丸で囲った中の我等が町内会のみ、周辺と比べて突出して浸水を免れる事になってるじゃないの。わぁ〜お、これで安心してぐっすり眠れるなぁ〜...って、ホントかよ!おい(笑)

 

実際に住んでいる私の感覚では「んなワケねぇ〜べ」って感じ。まぁ確かにウチの団地の北端(海に面している側)は、周囲と比べて私の目線ほどの段差があるし、東西から訪れるのであれば、両側とも緩やか〜な坂を経由して...とはいえ、そんなもんだよ。なので体感的に、このマップも何だかアテにして良いものかどうか?

もし地震が起きて、その震源地が「積丹半島沖」とか「利尻・礼文周辺」という事が判明したら、その段階で揺れ(震度)や規模(マグニチュード)なんぞ無視。リヤカーに家財道具を積むまでもなく、スタコラ身一つで逃げるのが一番だな。それにしても...

 

このマップを見る限り、ウチの団地が「真田丸」に見えてきたぞ(笑)

 

というオチで終わろうと思ったんだけど、推敲していて思うに「リヤカーに家財道具を積んで(+唐草模様の風呂敷に衣類を包んで背負った人が、そのリアカーを後から押して)逃げる」っていうイメージ...具体的に「そうだよねぇ〜」と共感と共に反応した方は、1950年代以前生まれ決定?

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 20:48
comments(0), -
次世代iPhone SE

初めてiPhoneを使い始めたのは2012年4月で「4S」だった。その後2013年10月に「5s」に乗り換えて(いずれもsoftbank)2015年9月からは、同じ「5s」だがSIMフリー版を購入(OCNモバイルONEで運用)...って事は、先月までに4年ちょっと(2代に渡って)「5s」という機種を使い続けている計算になる。

 

 

2014年秋には「6」「6 Plus」が既に登場していたんだけど、全然興味がなくてね。最近は「8」だの「X」なんだけど、これまた全く購入意欲がない。ネックは、やはり「5s」より一回り大きなサイズ(Plusなんぞは全く論外)そして「7」以降は、さらに「ステレオミニジャックの廃止」

昨年の春に「5s」と同サイズの「SE」が登場した時は、ちょっと興味があった。でも多少スペックが向上したくらいだし、自分に必要な機能は全て「5s」で何不自由なく使えていたから、買い換える理由がなかった。

 

ただし「7」以降の「FeliCa対応」は、うらやましいよなぁ〜

 

最近どこぞのサイトで「来年早々SEの新型が発売されるかも」みたいなウワサ話を目にしたけど、もちろんホントかウソかは判らない。でも仮に、もしそれが「外見、サイズ共に現行SEと同じで、さらにFeliCaに対応」しているなら速攻で買うよ。「カメラの性能向上」「Live Photos」「Multi‑Touchディスプレイ」「Face ID」だの、最新テクノロジーを装備していなくても全然OK。それよか「持ち歩くICカードを1枚減らす事ができる端末を、安価に入手できるかどうか」の方が、バスや電車等公共交通機関でしか移動手段がない私には重要...コンビニ等で買い物する時も、財布持って行かなくて済むし。

 

早いとこ出ないかなぁ〜...理想的な次世代iPhone SE

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 15:45
comments(0), -
秋深し

我が家の2階の窓から見える春香山(約900m)はもう終わってしまったが、我が家の裏庭は良い感じになって来た。夏椿、ブルーベリー、桜...この画像じゃ良く解らないかも知れないけど、パッと見の色のバリエーションは、夏季より豊富かも知れないな...ま、「花」じゃなくて「葉っぱ」なんだけど。

 

 

この時季当地では日中こそ14〜5℃になる事もあるが、日没後は一桁台(大体5℃前後)という気温が続く。晩秋最盛期(?)の春香山は、それこそ赤・黄・緑・橙etc...で埋め尽くされて、さながらスーラかシャニックが描いた点描画状態。元々「山」であるという感覚はなく、何て言うか...「落ち葉をてんこ盛りに積み上げた」って感じに見えるんだよね。

 

...みたいな感慨に、余裕で耽る事ができるのも今のうち。当地の11月って、ありとあらゆる事象が全て中途半端で、嫌だなぁ〜

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 20:30
comments(0), -
読書今昔(2)

いつぞや「若い頃に買った文庫本は読めなくもないが、かなりしんどくなってきた」ってのを話題にした。

 

最近はiBooksの他にKindleストアでも本を買って読んだりしていてね。代金の決済の都合で言えばiBooksの方が都合が良いんだけど、読みたい本の検索のし易さから言えばKindleの方がはるかに親切かな?

 

で、先頃そのKindleストアで、その時に話題にした「江戸川乱歩」を何となく検索してみたら「江戸川乱歩作品集・決定版全120作品+α」ってのを発見。しかもいくらだと思う?...何と、199円(!)タバコ半箱以下だが、一応サンプルをダウンロードして確認した上で購入した。

氏の作品をほぼ網羅しているから、もちろん小学生の時に学校の図書館で夢中になって読んだ「少年探偵団」全作品(懐かしいなぁ〜...表紙のイラストが印象深かったんだよね)までも収録されている。これで199円だとぉ〜?!

 

 

結局「読めて読めなくもないが、そうまで努力して読む気にはならない」この8冊の文庫本が不要となって、過日町内会の資源回収に出しちゃった。

 

しかしねぇ〜...こうして数十年ぶりに読んでみて改めて思うんだけど、「江戸川乱歩」って変態だな(笑)「人間椅子」「鏡地獄」「屋根裏の散歩者」...そのうちここで書評なんぞ書いてみるかな。

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 22:13
comments(2), -