RSS | ATOM | SEARCH
土鍋で炊き込みご飯

ある日ネットで「土鍋で炊いたごはんは美味しい」という話題が目についてね。

 

毎日自作している自分向けの昼飯は、基本的にご飯中心。普段は昨夜の残りとかで全然OKなんだけど、たまに全て消費しちゃって残ってない時もある。そんな時は麺類にするか、あるいは保存用のパックご飯をレンジで温めるとかしてた。しかし土鍋で飯が炊けるのなら「炊き込みご飯」や「何とかピラフ」も、自分の好きなタイミングで作れるんじゃないの?...どうせ私しか食わんのだし。

今までは「わざわざ炊飯器を使ってまで、一人前を作るのも何だかな...」って感じだったので、上手くいけば昼飯のメニューが飛躍的に拡大する(かも)

 

でも我が家で「土鍋」といったら、それこそ鍋物に使う少々大げさなモノしか思い浮かばない。そこでウチのヤツに「かあさん、小さな土鍋ってあったっけ?」と聞いてみたら「あるよ...こんなのどう?」と、台所の一番奥から取り出したのがこちら。

 

 

我が家から歩いて5分とかからないところに「ガトーフレール」という洋菓子屋さんがあってね。私ゃ甘いものには縁もゆかりもないので良く知らないんだけども、でもテレビでも紹介された有名なお店。で、そこの名物「土鍋プリン」の土鍋だそうだ。これにプリンが入っていたとはとても思えないサイズだけど、でも普通の土鍋として見れば直径17〜8cmってところだし「一人前」用にはちょうど良い大きさかも。

 

事前に色々とWebで検索してみたんだけど、同じ一合の飯を炊くにしても、何だか炊き方に統一感がない。強火で沸騰させるのは共通のような気もするけど、でもその後の弱火にして以降の時間や火加減、火を消した後の蒸らす時間にも、かなり諸説あるような...え〜い面倒くせぇ〜...(あるサイトの言っていることを基本に、あとは自己流で)行っちゃえ、行っちゃえ!どうせ食うのは私だけだ!

 

んで、勢いで(?)炊いたのがこちらなんだけど...

 

 

おぉ〜...初めて作った割には、感動的なくらい上手に炊けたぞ!(自画自賛・笑)

何たって初体験だから、その感動も手伝ってか、味の方もまぁまぁ満足。今回は白だしをベースにツナ缶と冷凍枝豆で作ってみたけど「もうちょっと塩っ気が欲しいな」とかってのは、これから経験値を稼げば問題ないだろう。一合炊くから「昼に半分食べて、残りは夜」というパターンになるけどね。

 

とにかく、無事に炊けたんだ...これで、もう大丈夫。基本的な「飯(メシ)を炊く」ための水加減・火加減・時間等々は把握できたから、これからはそれ自体には失敗しないで済む。後は「(美味い不味いは別にして)何をどう組み合わせるか」だな。頭ん中では、もう既に色んなバリエーションがぐぅ〜るぐぅ〜ると...こりゃ「可能性無限大」だぞ!

 

これからまたチャンスがあれば色々と試行錯誤して、ゆくゆくは「クックパッドへのレシピ上場」を目指すか(笑)

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 14:43
comments(0), -
聖地巡礼2018

昨夜は、2年ぶりにホルモンの聖地「やしま」で「シロ(=ホルモン)」を堪能してきた。昨年はなんだかんだ言って、結局食べるチャンスがなかったからね。今回は、芽室町に家族を残して札幌に単身赴任中の剛ちゃん(BealeStreet Blues BandのT.Sax担当)とサシで。

 

 

いやぁ〜...ホント美味いよ、ここのホルモン。何より「生ビール」とベストマッチなんだよね。10年ほど前にやっていたブログでアホな記事を書いたけども、数十年経った今でもその印象は全然変わらない。個人的にこの店では「シロ」「サガリ」「野菜盛り」「生ビール」以外注文する必要がない。秘伝のタレと、〆のスープ含めて、それで全てが完璧に完結する...他に何が要る?

 

二次会はA.LIVEに寄って、剛ちゃんと二人で色んな話を楽しくじっくりと。

 

剛ちゃんとの話の内容は多岐だったけど、一番印象に残っているのは「父親はクラシックの楽団でティンパニ担当だった」って話...何故って「いやぁ〜...どうりで」って思い当たる事があってさ。

というのも、一緒にやってるBlues Bandでは管楽器は彼一人。要するに「ウワモノ」担当ではあるんだけど、でもソロを吹いていない時でも「・♪・♪・♪・♪」みたいなウラの刻みを吹く曲では、突っ込んだりモタったりする事なく、モノ凄く正確なんだよね。彼のリズム感って、やはり「血のなせる技なのかな?」って感じ...まぁ、本人は意識しているかどうかは判らんけどね。他にも「不思議な巡り合わせ」の話題とか...そんなこんなで何だか、とにかく楽しい夜だった。

 

相変わらず「ヒマな時は愛想が良いが、忙しくなると不機嫌になって『食ったらとっとと出て行け』感が丸出しな接客担当の大将」と「厨房からは出ないけど、いつも愛想の良い女将さん」のコンビは健在だった...いやぁ〜ホント美味かった、ごちそうさまでした。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 20:48
comments(2), -
印度カレー辛口

ある日ウチのヤツから「とうさん、今日ウイングベイに行くんだったら、ついでに印度カレーの辛口2箱買ってきてくれない?」「はいよ」...って事で、用事を済ませた後にイオンの食品売り場で探したんだけど...ない。そもそも「印度カレー」2種類(中辛・辛口)とも棚から消えている。普段の私達夫婦の行動範囲内ではそこでしか売ってないので、困ったよ。在庫が切れたのか?それとも、余りにも不人気なのか?

 

我が家で良く利用している地元のスーパーでは「中辛」は置いてあるが「辛口」はない。だから今までは、何かの都合で電車賃かけて小樽築港駅直結のウイングベイ(という...ショッピングモールって言うの?)に行くついでに買っていたんだよね。

 

当地周辺では、どこのスーパーやコンビニに行っても大体似たような状況。「印度カレー」というブランドそのものを置いてなかったり、置いてあっても「中辛」だけだったり。バーモントカレーなら、どこに行っても3種類ともご〜っそり置いてあるのにな。

 

という事で、先日「印度カレー辛口を探す旅」に行ってきた(大袈裟・笑)そりゃAmazonでも売ってるし、送料無料で送ってくれるけど(私ゃPrime会員)でも、即応性がないからね。「あそこに行けば売ってる」って場所がないと、いざという時に不安でしょ?それに普段あちこちのスーパーで、買う用事もないのに「へぇ〜、ここにも印度カレーの辛口を置いてんだ」な〜んて観察しないっしょ?

 

まぁ「旅」ったって私ゃ公共交通機関しか移動手段がないので、各駅前付近や駅直結のスーパーを巡る旅なんだけど...でも、出がけにウチのヤツに「見つかるまでは帰らない...どうかお達者で」と宣言したくらいにして(笑)

 

まずは上り電車で小樽まで。駅前に「長崎屋」があるので、地下の食品売り場へ...ない。ひょっとしたらと思って、3階の「ドンキホーテ」にも行ってみたんだが...ない。あるいはもしや...と思って、長崎屋の向かいにある「ツルハドラッグ」にも寄ってみたけど、あるワケない。

 

小樽から下りの快速に乗って、手稲到着。駅直結で「西友」があって「札幌市カウントだし、あれだけ大規模なら」と思ったんだけど、甘かった。どこもかしこも、何で「バーモント」と「こくまろ」と「中辛」ばっかなんだよ!そんなに「印度カレー辛口」って需要ないのかよ!

 

さらに札幌方面に足を伸ばす事もできなくもない。でも「そこまでして...」という感じだし、第一「即応性」という点では札幌市手稲区が限界。さて、ウチのヤツに「見つかるまでは帰らない」と宣言した以上、どう言い訳しようかなと...

 

上り電車で帰るついでに手稲から星置で降りて、ダメ元で駅直結の「ラッキー」に寄ってみた。ここに置いてないなら、いよいよAmazon頼り。で、食品売り場に行ってみると...ありました「印度カレー・辛口」...うっ、うぅぅ...

(T^T)

 

 

売り場の付近を見たら、私が自分の昼飯専用に作るカレーのベースとなる「プライムジャワカレー」の辛口まで置いてあったので、ついでに購入。こちらも我が家で良く利用している地元スーパーには、緑色のパッケージの「中辛」は置いてある。でも、赤いパッケージの「辛口」は置いてない。なので今まではその「中辛」を買ってきては「カレーの壺」をブレンドして作っていたんだけど、いきなり「辛口」だとどんな感じになるのか...いずれ作ったら、リポートします(要らないか?w)

 

いやぁ〜、スゴイぞ「星置ラッキー」!...実はここには、他にも以前「欲しいと思っても、近所じゃ売っていないもの」が結構置いてあったりした経験がある。また今度、じ〜っくりと売り場を観察してみるか。

 

9時半頃に家を出て、帰ってきたのは13時頃。おかげさまで昼飯は外食せずに済んだし、短いけれど充実した旅で終わって良かった(超大袈裟w)

 

土地柄も影響するんだろうか?どこかに行けば「印度カレー辛口」なんて、当地の「バーモントカレー」同様、売り場に山のように積んである所があるかも知れない...いや、ないか(笑)

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 18:23
comments(0), -
セコマのお酒

ここ北海道のコンビニ店舗数は3,000軒くらいあるらしいんだけど、「セイコーマート(1,100くらい)」と「セブンイレブン(990近く)」が圧倒的双璧。自宅の近所では、セイコーマート(略してセコマ)が家から歩いて10分もかからないところにある。だから、ほぼ毎日のように通っては、タバコや酒を買っている。

 

会社を辞めて4年になるけど、その間ちょっとした誤算もあって、去年あたりから小遣い事情が非常にキビしくなってきてね。そんな中、セコマに置いてある「セコマオリジナル」の安価な酒類は、非常に懐に優しくて助かるね。

 

 

画像はいずれもセコマオリジナル商品なんだけど、左側は「ストロングサワー・ドライ(350ml)」で税込108円、右側は焼酎の「長次郎(2ℓ)」で、多少の価格変動はあるものの、最近は税込810円。

 

セコマは他にも「ワイン」とかに力を入れているらしく、店に行くと「ボージョレ・ヌーボー」がどうのこうのとか、真っ先に目に入って店頭にずらりと並んでたりする。でも私ゃ基本的に「日本酒やワインのような醸造酒」って、体質に合わないのでパス。

 

今度、セコマオリジナルで「ウォッカ」なんて出してくれないかなぁ〜...度数が96%くらいのね。安くて、簡単に酔えるだろうな...きっと。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 20:55
comments(2), -
賞味期限切れピザソース

いつも昼飯は自作して食べてるので、冷蔵庫や台所の引き出し等を覗く機会が多い。そんな中、過日発見したのが「4年前に賞味期限が切れたピザソース」

 

誤解のないように申し添えるけど「ウチのヤツの食品管理が悪い」と非難しているワケではないよ...当然起こり得る事象だからね。第一、例えば「豆板醤」をエビチリに使うとしても、それってそうそう作る機会ってないっしょ。それに、豆板醤を使って他に何を作るにせよ、使うのはせいぜい「小さじ1〜2杯」くらいなもんでしょ?で、いつのまにか「その存在を忘れてる」とかって、我が家に限らず良くある話のはずだから。

 

 

このピザソース、ウチのヤツがピザトーストを作るために1/3ほど消費しただけで、結構な量が残っていた。フタを開けてもカビとか生えている様子もないし、ヘンな匂いもしてない。とはいえ、一応彼女に報告の上で捨てるのが普通だろうが...でも、ちょっと待てよと。

 

だいぶ前に、ケチャップを使ってナポリタンを作ってみた事があってね。でも、洋食屋や喫茶店で出てくるような感じにならず、以来全く作ってなかった。考えて見たらピザソースだってトマト中心に色々とあれこれバランス良くブレンドされてるはずだし「充分に加熱するから、たぶん問題ないべ」と思って、ケチャップを少々と、この「賞味期限が4年過ぎたピザソース」を使って作って見たよ。で、どんな出来栄えになったかというと...

 

 

こ、これは美味い!何?この濃厚な味わい!...素晴らしいわ。こんなに手軽に「あの味」が再現できるなんて...

 

という事で、ピザソースは1度にカレーライス用のスプーン(って事は、だいたい大さじ)2杯は使うから、2回ほど作ったら完全消費。いやぁ〜...どうせ食うのは私だけとはいえ、これは素晴らしい発見だった。今度「クックパッド」でレシピを公開しようかな?

 

これ作った時、余りにドンピシャな味だったので「そうそう...これだよ、求めているものは!」と。で、背後のソファーで雑誌を読んでいたウチのヤツに「かぁさん、これ...なまら美味いわぁ〜♡」って笑顔で振り返ると...

 

「そうなんだぁ〜、良かったねぇ〜...でもホント、父さん勇気あるよねぇ〜」と褒められたんだが...え?そういう問題なのか?

( ´д`;)

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 13:44
comments(2), -
和風ドレッシング

昼飯は何を食べるにせよ、必ずサラダを先に完食してから食べている。まぁ基本的に「瑞々しい野菜」って苦手(トマトとか...キュウリは最悪)なので、サラダと言ってもキャベツの千切りが中心。冷蔵庫にキャベツのストックがある時は、たまにはスライサーで自作することもある。でも、ほとんどは「近所のコンビニへタバコを買いに行くついでに買ってくる、108円のカットキャベツ」だな...私しか食べないから、一袋買えば昼飯2日分に相当。

 

ドレッシングはたま〜に市販品を買うこともあるけど、実はほとんど「自作の醤油ベース和風ドレッシング」なんだよね。ヘンなクセがなく、割と飽きずに食べ続けている。

 

 

これ、分量の単位はともかく、基本的に「油:酢:醤油=2:3:5」という比率で混ぜて、良く振ってかけるだけ。「これだけじゃ、何だかな...」と思ったら、手近にある黒コショウとかを加えるのもアリ。

 

先ごろcookpadに、初投稿としてこのドレッシングのレシピをアゲてみた。そしたら何と、2〜3日後に「つくレポ」寄せてくれた方が登場...いやぁ〜驚いたよ。「簡単なのにおいしくて、子供たちも喜んで食べた」そうな。もちろんすぐ謝辞をカキコしたけど...う、嬉しい...

(T^T)

 

また何か違うレシピをアゲてみようかな?...「つくレポ1つで、調子こいてんじゃねぇ〜よ」という声が聞こえてきそうだが(笑)

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 13:18
comments(0), -
ホッケフライカレー

「カツ」と「フライ」の違いがよく解らない。調べりゃ解るだろうけど、まぁ衣の中身が「肉」か「魚」かの違いなんでしょ、きっと。

 

内地では「フライ」と言えば「あじ」みたいなんだけど、当地周辺(っていうか、おそらく北海道全般)では「ホッケ」が主流。なので、ガキの頃はフライと言えば「コロン」とした形をしている料理だとばかり思ってた。まぁどっちも美味いので、特に支障はないけど。

 

で、昨夜はその「ホッケフライ」だったんだよ。ウチのヤツの手作りで、手前味噌だが「衣サクサク・中プリプリ」で、実に美味い。でも昨夜は音合わせがあったので、一切れ残してそそくさと家を出た...明日の昼にでも食べようと思ってね。

 

んで本日の昼、普通にソースをかけて食べるか、フライ丼にしようかと迷ったんだが...いや、待てよ。以前から不思議だったんだけど「カツカレー」があるのに、何故「フライカレー」がないのか?パン粉をまぶして揚げるのは、どっちも同じなはずだ。これは「フライカレー」を試せる、千載一遇のチャンスではないか!

 

という事で、以前紹介した「仁丹の食養生カレー」を使って、作って見ましたよ「ホッケフライカレー」...では、いただきます!

 

 

ん〜...大して美味いもんじゃないな、これ(笑)

 

食堂のメニューに「ホッケフライカレー」が並ばない理由が、やっと解ったよ。それは「作り方」ではなく「ホッケ」という素材そのものが「カレー」とあまり相性が良くないって事なんだろう...なるほどね。

 

という事で、結論が出たからもう作らない。これ読んで「ホントかよ?」と思って「じゃあ、あじフライで試してみよう」という方がいらっしゃいましたら、あくまでも自己責任でお願いします。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 14:11
comments(0), -
あんかけ

我が家の昼飯は「各自好きなものを、好きなタイミングで、好きなだけ作って食べる」っていう不文律がある。で、自由人の私としては、これが実は毎日の楽しみの一つだったりするんだよね...

 

月初は「5日続きで夏日」なんて状態だったけど、結局先週は当地らしい「うすら寒い」日が続いた。こういう日は、熱いものが食いたいなぁ〜...たまに「あんかけそば」でも作るかな。とろみを付けたつゆって、あったまるんだよなぁ〜

 

書いていて思い出した...私ゃ新婚旅行は「奈良」だったんだが、昼飯食いに二人でうどん屋さんに入ったのね。で、私ゃ「たぬきうどん」を注文したのよ。ほどなくして店員さんが「たぬきはどちらさまですか?」と御膳を運んで来たので「はい」と手を挙げ、おもむろに目の前に置いてったのは...つゆにとろみを付けた「あんかけきつねうどん」って感じのうどん。へぇぇ〜...ここらへんでは、こういうのを「たぬきうどん」と呼ぶのか!と、驚いた記憶がある。ま、美味かったから問題なかったけど。

 

んで「あんかけ」ですよ。

 

「待て待て、和風のあんかけも悪くないが、そういや中華のあんかけもご無沙汰だな」と思って「昨夜のご飯の残りもあるし、中華丼で行くか?」と決意し、冷蔵庫を開けたら...何と「マルちゃん焼きそば」つまり「ソース焼きそば用の蒸し中華麺」もあるじゃないか!おぉ〜これは迷うぞ!さぁ、どっちにする?中華丼か?あんかけ焼きそばか?

 

中々決心が付かないまま、いつものようにそこらへんにあるもので、とりあえず「あん」は作った。さて...

 

 

さぁ上の画像、結局この「あん」の下は「ご飯」になったのか「麺」になったのか?

 

当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます(ウソ)

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 16:45
comments(0), -
そば小屋

本日は結婚記念日。例年なら二人で、銭函駅の近くにある「癒月(ゆづき...という洋食屋さん)で昼飯」ってのが定番でね。午前中は二人とも所用があったので、お昼近くに銭函駅で待ち合わせ。で、駅から歩いて3分に満たない所にあるお店に向かったんだけど...

 

あいにく本日は「臨時休業」だった。じゃぁ、あそこに見える蕎麦屋に行ってみるか...という事で、踏切を渡ってすぐの所にある「そば小屋」へ行ってみた。開店して数年は経つはずなんだけど、今まで一度も入ったことがないお店。ま、そもそも「癒月」だって年に一度の結婚記念日にしか行かないけどね。

 

 

私ゃ「もりそば」とビール(サッポロ黒・瓶)、ウチのヤツは「かけそば」と「地元で採れた北寄(ホッキ)貝のかき揚げ」を注文。まぁメニューったって、メインの蕎麦に関しても冷たいのは「もり」「ぶっかけ」「なめこ」熱いのは「かけ」「磯のり」しかないという潔さ。

 

味音痴な私が言うものナンだけど、蕎麦は文句なく美味かった...ちょっと驚いたよ。麺は断面がスクエアで、見た目通りタイトな歯触りと喉越し...好きだな〜、こういう蕎麦。かき揚げも一口食べて見たけど、美味かった。「味」という点では、大満足!...なんだが

 

正直言って、高い...もりそば¥720、かけそば¥780。しかも一人前の量が、ものスゴく上品。日常「ダイエット&フィットネス」を心がけている私だが、そんな私でさえこの「もりそば」一食は少な過ぎに感じる。それに、大盛りで頼むと¥940(「かけ」なら¥1,020)...単純に「各種大盛りは100円増し」というような設定ではない。大盛りで頼めば、もしかしたら満足のいく量で出てくるかも知れないが、普通盛りでこの量なんだから...余りにもハイリスク。

 

だけど繰り返して言いますが、蕎麦もつゆも蕎麦湯も美味いです。大好きです、こういう蕎麦。

 

店主の「美味しい蕎麦を提供したい」という拘りは伝わりました...価格にもそれが反映されているのでしょう。今回は縁があって食べてみて、その美味さには驚きました。でも無職無収入な身としては、いかに美味くてもコスパ的に「この量のもりそばが720円ならば...次はない」かも。我ながら寂しい話ですが、それが現実です。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 22:51
comments(2), -
仁丹の食養生カレー

以前紹介したことがある「カレーの壺」は、とっくに使い切っちゃっていてね。当地周辺のスーパーには置いてないし、いくらなんでもそろそろ注文しようかな?と思って、過日amazonで検索。そしたら、あった事はあったんだけど「あわせ買い対象商品」...つまり他の商品と抱き合わせで、それとの代金の合計が¥2,000以上なら注文できるという扱い。

 

さぁ、どうするべ?とamazonの中を彷徨って、ふと目に飛び込んできたのが「森下仁丹・仁丹の食養生カレー」という商品。これと合わせて買えは¥2,200ほどになり、無事「カレーの壺」も注文できる。カスタマーレビュー(あまり信用してないけど)の評価も高かったし、それに「仁丹っちゃあ〜あの仁丹だよな...」という興味にも後押しされて、ポチっとな。

 

その謳い文句は...

 

百年以上和漢植物を見つめてきた「森下仁丹」と人気の漢方専門店「薬日本堂」との共同開発薬膳カレー(中略)温めなくてもそのまま美味しく召し上がれる、お茶碗1杯分の食べきりサイズ。「カラダを元気にする和漢植物のチカラを、毎日食卓に届けたい。」 和漢植物を見つめてきた森下仁丹と薬日本堂の思いを、古くから東洋の人々の健康に重宝されたカレーに乗せ、スティックにぎゅっと閉じ込めました。ごはんに、パンに、うどんにかけて「毎日摂り入れやすく」を考えて行き着いたカタチです。 

 

...だそうだ(無断引用・ごめん)

 

どうです?「ほぉ〜、そうなのか...ならば試してみるか?」って気になりませんか?...ならないか(笑)まぁ何はともあれ、届いたその日にさっそく食べてみたよ。

茶碗にご飯を盛って(150gくらいかな)、加熱せずにチューブから絞り出してトッピング。さて、お味の方は?

 

 

「スパイスが効いた、普通のカレー」って感じだけど、確かに加熱しなくても美味しい。肉や野菜類は入ってないので、位置付けとしては普段の昼飯に頻繁にトッピングしている「納豆」や「鮭フレーク」の代わりという感じだろうか。ただし、茶碗一杯に1本(30g)は少々キツイかも...ご飯半分ほどでなくなっちゃったので、結局もう1本。となると、費用対効果という面ではどうなのかなぁ〜?10本入り¥1,580なので1本¥158という、普通のレトルトカレーに匹敵する価格。まぁ、値段に値する(薬膳としての)効能は期待できると思うけどね。

 

美味しい事は美味しいが、この味でご飯一膳用に小分けするなら、私としては最低でも一袋50gは欲しい。なので価格的には、日常的に消費してしまうのは少々躊躇しちゃうかな。でも、レトルトパウチで加熱しなくても美味しいとなれば、緊急事態(災害時はもちろん、酔っ払って帰って小腹が空いた時とか?)用には最適かも知れない。

 

基本的にあまり好きではないパンはともかく「うどんやスパゲティーとの組み合わせはどうなのよ?」については、気が向いたら試してみるか...まぁ一応今後、とりあえず万が一に備えて、在庫は切らさないでおくつもり。

author:松っあん, category:飲み物・喰い物, 16:48
comments(0), -