Ghost in the Shell

0

    「攻殻機動隊」については、結構読んだり観たりしているなぁ〜...なので以下、専門用語(?)みたいなのが登場するかも知れないので「攻殻機動隊」について興味のない方は、ブラウザを閉じていただいて結構です。

     

    今回観たこの映画、オリジナルのストーリーに当てはめて、過去の攻殻機動隊に関するアニメ映画・テレビアニメ出典の「どこかで観た事がある映像」を、実写に焼き直してごっそり散りばめたモノになってた。いや...そのストーリーも、クゼと少佐の関わり合いという点では、テレビアニメの「2nd. GIG」で似たようなエピソードがあったような?

     

    できれば最初の10分くらいで良いから「日常の公安9課の活動」というエピソードを盛り込んでも良さそうなもんだが、まぁでも「攻殻機動隊」について何ら先入観を持っていない皆さんには、最初っから最後まで「置いてけぼり」を食らうかも知れないな。この監督、相当「攻殻機動隊」シリーズをリスペクトしている事は伝わってきたけどね。

    かなり違和感があったのは、ビートたけし演ずる荒巻課長。課長自らドンパチやっちゃいかんでしょう...アウトレイジにしか見えんぞ(笑)

     

    結局今回のストーリーの根幹は「少佐の自分探し」だね。でも私としては「電脳化・義体化・記憶の外部への保存」がもたらす「人間と機械の境界」という部分を、もっともっと掘り下げて欲しかった。それこそが「Ghost in the Shell」というタイトルにふさわしいと思うんだが...

     

     

    ともあれ一番残念だったのは、諸悪の根源である「巨大コングロマリッドの社長」が、モノ凄く「現場にヒョコヒョコ顔を出す上に、全然貫禄がない」所と「あ〜ら、そ...じゃぁ死になさい」ってセリフが無かった事だったりして(笑)

     

    ☆☆☆☆☆☆☆★★★


    通勤定期

    0

      いやぁ〜...何だか先週の「超・浮世離れした」ライブの余韻が残ってて、更新するのを忘れてた。で、急に現実世界の話になるんだけど...

       

      オフクロが右手首を骨折した話は既出...って事は、しばらくは包丁を握れない。そこで私が、一日置きくらいに実家に通って晩飯の支度をしてるんだよね。「実家に通う」ったってその経路は、JRで「銭函⇄小樽」の往復が必ず伴う。そこで先頃、普段あらゆるシチュエーションで使いまくってた無記名の「Kitaca」を「通勤定期」に変身させた次第。何せ私ゃ、車の運転は「やろうと思えば出来る」が運転免許証を持っておらず、移動手段は「公共交通機関」のみだから。

       

      銭函から小樽までのJR往復運賃は720円。通勤定期の値段は11,520円だから、16往復すればぴったり。仮に、きっかり一日置きに往復しても月間最大15往復だけど、これまでも2日連続通いが何回かあったり...なかなかそう計算通りに行かないのが現実だしね。それに別に小樽まで行かなくても、手前の小樽築港駅に隣接している「ウイングベイ小樽」という商業施設には買い物に行く機会も多いし、実家に寄らなくてもバンドの音合わせで小樽に出向く機会もあるからさ。

       

      小樽駅前から実家の最寄りのバス停までのバス料金も、現金でチャージしときゃ〜これ1枚で払えるし、今まで通りコンビニの支払いにも使える...何かと便利だよね。

       

       

      で、さて「実家で親父やオフクロに何を食わせているか」というと...それはまた後日かな?


      ヲタク The ANISON BOX Vol.3

      0

        昨夜は、Stoic'sさん主催のアニソンイベントに参加するために新たに結成したバンドで、ベースを弾いてきた。事前に何回かやった音合わせ含めて、実に楽しい体験をさせてもらったわ。

         

        この新たなバンドは、各方面で活躍中のバンドからメンバーをピックアップしたプロジェクトチームみたいな感じでね。小樽では人気実力共にNo.1と言える「スターレスNEO」から、Vo.の大橋とDr.のみっちゃん(私の弟)とA.G.(本職はベース)のソーメー、こちらも人気バンドの「蘭島発動機」からVo.のNAOちゃんとKey.のコバちゃん、「Stamp Band」からE.G.のともぞうと私、そして、普段「スターレスNEO」のバックで演奏している「A.Horns」の5人のホーンセクション...まぁ、小樽のミュージックシーンの中では(自称)豪華なメンバーが揃ったね。で、バンド名が「Stamp発動機NEO」って事で、名前からして「愉快な仲間たち」って感じ。

         

         

        ご覧のように、大橋は「バカボンのパパ」に扮したんだけど、クオリティーの高さがハンパなくてね(笑)彼は音合わせの時も常にテンションが異常に高く、本番の時も全開・フルパワー。私より学年で1つしか違わないのに、このエネルギーはどこから供給されてんの?って感じで「これだもの、スターレスNEOのステージは観て聴いて楽しいワケだよ」と、初共演して実感。

         

        私ゃ飛行帽とゴーグルと豚の鼻で「紅の豚」の予定だったんだけど、注文していた豚の鼻が間に合わず、何とも中途半端な...F.F.のシドみたいになってしまった。

         

        で、出し物はというと...

         

        キューティーハニー

        マジンガーZ+オバケのQ太郎

        魔法使いサリー+ゲゲゲの鬼太郎+サザエさん

        海のトリトン+バビル2世

        ハクション大魔王

        あしたのジョー

        アタックNo.1

        ルパン三世のテーマ

        銀河鉄道999

         

        って事で、全て「昭和」のアニメから...見に来ていただいたお客さんの75%を占める(私の娘よりはるかに)若い世代の皆さんには、出典すら全く解らないナンバーだったかも。まして、ほとんどの曲は「ディープパープル」の「Highway Star」や「Burn」を中心にしたハードロックやメタル調にアレンジしてるので、ギリ40代以下の方は理解不能だったかな?

        ...っていうか、これを読んでいる皆さんも「キューティーハニーをHighway Starで」とか「ゲゲゲの鬼太郎をSmoke on The Waterで」とか書いても、ナニ言ってんの?...でしょうけどね(笑)

         

        少数派ではあるけど、私たちと同世代の方も結構見に来てくれてね。各バンドで見かける姿や音楽とは全く無縁の世界で演奏する私たちを、ゲラゲラ笑いながら楽しんでくれてたみたい。若い皆さんも、ノリ良く楽しんでくれていたようで、私たちも楽しかった。

        他の素晴らしい出演者の皆さんに恥じぬ演奏ができたと思うし、還暦前に実に良い経験をさせてもらったわ。

         

        普段着でやったリハの時は感じなかったんだけど、本番では「お客さんがたくさん入ったせいか、何か音ヌケが悪いな」と感じてね。トレブル持ち上げるかと思ったんだけど、考えて見たら本番では「耳をすっぽり覆う飛行帽」被ったから、当たり前(笑)


        WSR-2533DHP

        0

          私の部屋(2階)に置いてあるルーター(兼・無線LANの親機)は、3年ほど前に購入したもので、5GHz帯を使った伝送規格には未対応のものだった。後日買い足した、1階エリアをカバーする中継機も同じ。

           

          私ゃ有線で繋いでいるし、速さに対する不満は余り感じない。でも、階下の旧・婆ちゃん居住エリアにパソコンを据えて、無線で繋いでいる娘からは不満の声が...中継機経由でも、やはり遅いらしい。んで彼女、どうにも我慢できなくなったらしく、先頃「私、ルーター買うから!」って事に。そこで、私も半分出費して、買い換えた次第。先代と同じBUFFALO製で、娘が自分で品定めをしたもの。

           

           

          娘と二人でやった、先代からの引き継ぎセッティング自体は簡単にできた..んだが、問題はインターネットへの接続。何たって、10数年前にプロバイダが変更になった時に設定したのが最後なので、当時の書類を見ても「ユーザーネームって、どの事を言ってるんだっけ?」「これじゃないの?」の世界だったから。

           

          5GHz帯の「A」は、確かに早くなったらしい(私ゃ相変わらず有線)調子の良い時は、今までより10数倍速くなったみたい。でも、更に安定して電波を拾うために、現在娘は新たな中継機の導入を検討中。

           

          私ゃこのテの機器やネットワーク関連には疎いんだけど、ルーター買い換えても、光回線自体の伝送速度には影響しないよね?時間帯等色々な原因があると思うけど、上り下りとも、どうも速度が安定しないんだよねぇ〜...みなさんとこは、どうなんだろ?ま「遅くて我慢ならん」と思った事はないけど、速けりゃ速い事にこした事はないからさ。

           

          どこに相談しても「あなたのような辺境の地にお住いの方は、交換機からの距離も遠く、それは仕方がない事です」と言われるのがオチか?


          独り言

          0

            通勤電車ん中や、会社を辞めてから朝昼夕方に必死こいてウォーキングやジョギングに取り組んでた頃は、iPhoneから流れるBGMが必須だった。でも最近は、余り外出中に音楽を聴かなくなった。

             

            聴かなくなったらなったで、当たり前だけど移動中(歩いている最中)の周りの音が耳に入ってくる。例えば「小鳥のさえずり」なんかは、中々良いもんだね。中には「ギャーギャー」ウルさい奴もいるけど、それもまた風情。

             

            ところが、余りシャレにならないノイズも聞こえてくる事もある...それは、すれ違う人の「独り言」

             

            何故かは解らんのだけど、結構「独り言を言いながら歩いている人」とすれ違う事が多いんだよね。独り言を言ってるのは「歩きながら」もそうだし、例えば何かのお店で「品定めをしながら」って場合もそう。「ブツブツ」と何をつぶやいているのか解らない場合もあるが、中には「はっきりと」内容が判る場合もある。男女問わずお歳を召した方が中心だが、中には一見若そうな男性もいたりして...若い女性は、余り見た(聞いた?)事がないけどね。

             

            まぁでも私ゃ、街中でたまに見かける「ハンズフリーで電話している」人も「独り言を言っている」人にカウントしているよ。何故ならハンズフリーで電話している人の姿は、それが例え「ぼ〜っと立って壁に向かいながら」だろうが「歩きながら」だろうが「品定めしながら」だろうが「スーツ着用」だろうが「ジャージ姿」だろうが「男」だろうが「女」だろうが、私の目から見れば...上に書いたように「性格」あるいは「心の病」上、何事かつぶやく(つぶやいてしまう・つぶやかざるを得ない)皆さんと、パッと見、何も変わりがないから。

             

             

            ちょっと前までは「イヤホンで音楽を聴いて、外界のあらゆる音を遮断」してきたが、それを余りしなくなったら、世の中「老若男女を問わず、結構皆さん独り言を言ってる」...って感じの、今日この頃。

             

            最近買った画像のイヤホンは、やろうと思えば「ハンズフリーで電話」が可能...でも私ゃ絶対にやらない。何故なら、私の外見上、何事か独り言をいいながら何事かしている姿を周りの人が見たらどう思うか...

             

            あとは、ご想像にお任せします(笑)


            3E-BEA2

            0

              以前、JBLのたいそう立派なBluetoothのイヤホンを購入した事がある。でも、リンク先に書いてる通り、あんまり出来が良くなくて死蔵中。

               

              最近、娘が使っていたイヤホンが断線して、私が使ってたのを譲った。新しいのを買おうと思ってヨドバシをブラブラしてたら、目に留まったのがこちら...3E-BEA2(3E)

               

               

              余り良いイメージを持ってないBluetoothのイヤホンなんだけど、何たって¥2,810だからさ。視聴用の実機があったので、実際その場でiPhoneとペアリングして聴いてみたら、まぁ何ていうか...音質は値段相応って感じ。パッと聴きカマボコ形の特性で少々ドン詰まり感はあるが、一応リバーブの広がりは感じられるし、低い方もそれなりに出ている。iPhoneを尻ポッケに入れても、握って目一杯腕を伸ばしても、その状態で腕を振っても音切れしないし、別にこれで十分なんじゃない?...って事で、買って帰ってきた。

               

              普段は寝室に置いてあるiPadとペアリングして、2階の全ての部屋で掃除機をかけ回しても音切れがない。尻や胸のポケットにiPhoneを入れた状態で歩いても、音切れがない。本体も小型で(イヤーピースは「L」に交換したけど)装着した時の座りが良く、耳から外れそうになる事もない...死蔵中のJBLで問題になってた部分は、全てクリア。音質には目をつむる必要はあるけど、ヒドいというワケではないしね(JBLだって、素晴らしい音質...というワケでもなかったし)

               

              通勤してた時やダイエットに取り組んでた時と違って、最近はイヤホンで音楽を聴く機会も余りなくなったので、これで十分です。

               

              それにしても「3E」なんて、聞いた事がないメーカーだな。


              デスクトップルーペ

              0

                私ゃおかげさまで、日常生活では未だに老眼鏡不要。でも「読書今昔」でも触れたけど、たま〜にキビしい時もある。

                 

                最近はオフクロの入院騒動で遠のいちゃったが、たまに娘のPS3で遊んでる話は既出。ただし、どれもこれも「ゲームアーカイブス」からダウンロードした、昔懐かしい「PS」向けのゲームばかり。「牛刀を持ってナントカ」みたいな感じだし、せっかくだからPS3というハードの性能をフルに発揮できるゲームもやってみようかな?...という事で、入院騒動が起きる前に「DARK SOULS」というRPGを娘に買って来てもらってた。彼女お勧めのゲームなんだが、その理由は「父さんは、FROM SOFTWAREの死にゲー好きそうだから」ですと...まぁ、確かにね。

                 

                ゲームのマニュアルなんて、久しぶりに読んだ。でも読める事は読めるんだが、これも少々キビしい部分があるなぁ〜。そこで、ウチのヤツがたま〜に使っている「デスクトップルーペ」を借りようと思ってね。「かあさん、ちょっと貸してくんない?」と頼んだら「仕事してた時に職場で使ってたのがあるから、あげるよ」ですと。何と「家庭用」と「会社用」で、2個持ってた事が判明...ラッキー♡。買えば、結構な値段するからね。

                 

                馴染みがない方もいると思うけど、こんな感じで使うんだよね...

                 

                 

                横から撮してるから解らないけど、上から覗くと、こんなふうに見える。

                 

                 

                画像が小さい上に暗め(実際は、もっと明るい)なので、あまり伝わらないかも知れないけどね。まぁこのサンプルに撮った部分は、実は裸眼でも読める。でも、もっと小さな文字列の部分もあるので、それを読む時に使ってる。

                 

                いかにもドイツした名前のメーカー「ESCHENBACH(エッシェンバッハ)」製。エッシェンバッハと聞けば「超高速ピアニスト」を思い出すんだが、関係は...ないよな、きっと。

                文字が歪みなく拡大表示されて、私みたいな使い方や、1枚もの(机の上に広げられる)の書類を読む時は中々便利。でも、小説を読む時なんかはどうかな?ず〜っと文字列をなぞらなきゃならんからなぁ〜...ハズキルーペの方が使い勝手は良いかもね(もちろん私ゃ使った事ないし、持ってもいないので空想だけど)

                 

                で、その肝心の「DARK SOULS」なんだけど、滑らかな動きと秀麗なグラフィックスはさすが...でも案の定、来る日も来る日も死にまくり(笑)最近はイントロに書いたような状況で、ほぼ毎日のように爺さんの晩飯の支度に行ってるから、遊んでる時間もあまりなくなったし...物語がさっぱり進んでない事は確かだね。


                手術終了

                0

                  経緯は前回のとおりで、本日はオフクロの手術があってね。ウチのヤツの母親の時と同様、全身麻酔で行われた。私ゃどうもこの「高齢者に対する全身麻酔」(オフクロは81歳)ってのに不信感があってさ。ちょっと心配だったんだけど、結論から言うと「全て順調」に行われて終了。骨折した右手首を、正常な位置にチタンプレートで固定。手術自体は「1時間半」と通告されてたんだけど、1時間くらいで終わっちゃった。麻酔から醒めた後は病室に戻って、痛みがあるのか「うんう〜ん」って唸ってたけど、それも1時間ほど。

                  12:30に病室から担ぎ出されて、14:30には戻り、16:00頃にはジョーク飛ばしたり「腹減った」とワガママ言ったりしてる...こうなると、いっその事「これから加齢とともに骨折しそうな部分を全て補強して、サイボーグ化」すりゃ良かったか?(笑)

                   

                   

                  何せ利き腕をやっちゃったから、以降は包丁も握れない。入院前は、オフクロの指示通りに私が晩飯の支度をしていた。昨夜入院してからは、退院するまで(退院後もしばらく)は、基本的に私が担当。ウチのヤツは体調不良で家から出れないし、二人の弟の嫁さん達は仕事してるからね。親父は朝昼は適当に何とかできるが「晩飯のおかず」となると、ちょっとムリな人。ま、洗濯と飯炊きと味噌汁作りと皿洗いは自分でできるので、それだけでも助かるよ。いくら私が自由人とは言え、そのへんまで面倒見るのは勘弁してほしいからさ。

                   

                  さ、明日の晩飯は何を作ってやろうかな?


                  橈骨遠位端骨折

                  0

                    っても、私じゃなくてオフクロなんだけどね。3月20日の朝、向かいの家へ赤飯届けようと思って、坂道のブラックアイスバーンのトラップにひっかかって、すってんコロリ。右手を突いて、手首がポッキリと逝っちゃったらしい。たまたま彼岸だったし、お寺参りで午前中に親子集合する予定だったから、実家の近所に住んでいる弟が救急当番病院へ連れて行って応急処置。で昨日、オフクロかかりつけの病院へ、親父と一緒に付き添って来た。86歳の親父一人じゃあ、少々心もとないからね...まぁ私ゃ、急ぐ用事が全くない自由人だし。

                     

                    小樽市内じゃ指折りの大病院で、そこの院長とオフクロは、患者として40年来の付き合いらしい。整形外科の先生だから、ちょうど良かったかも。救急当番病院の医師も、その院長先生宛の紹介状書いてくれて、あらかじめ午前9時に予約してたから時間通りに行ったんだが...

                     

                    午前8時半過ぎには病院入りして、会計済ませて病院を出たのは何時だと思う?

                     

                     

                    午後1時半だよ、1時半!...も〜5時間もかかるか、普通?...ぶっちゃけ「ふざけんじゃねぇ〜よ」の世界だな。

                     

                    細かい文句を書き連ねると、このブログで3回くらい連載できそうなんだな。まぁ、キリがないから止めとくわ。こことは違う病院だけど、ウチのヤツに付き添って、これまた小樽屈指の大病院へ通った事もある。そこもまぁ〜まぁ〜時間がかかる事、かかる事。患者が多いんだから、仕方ないんだろうけどね。

                     

                    でも今回のオフクロの場合は、病院側の無意味な対応が多過ぎだな。馴染みの院長先生に診てもらって「じゃぁ、あとは○○先生と手術の相談して」と言われ、○○先生は先生で院長先生と同じようなコメント残して「じゃぁ、あとは□□先生と手術の日程調整して下さい」だと?...何のための紹介状なんだよ。最初の院長先生の診立て不要だろ?その度に待たされるんだぜ、こっちはよ。

                    医者3人×5分、事前検査10分、手術準備検査20分...トータル45分くらいで、あとは全て待ち時間。こりゃぁ〜も〜、腹が立つのを通り越して、呆れたね、正直。

                     

                    おかげさまで私ゃ身体的にはどこにも異常がなく、病院とは全く縁のない日常。国民健康保険料を納めている恩恵を受けた事も、ほとんどない。そもそも...

                     

                    オフクロみたいに、患者として医者と40年来の付き合いなんて、まっぴらごめんだわ。


                    サルベージ成功

                    0

                      最近「PS3」で、懐かしいゲームを遊び始めた話は既出。「King's Field」三部作も一段落して、次は何で遊ぼうかな?...と「ゲームアーカイブス」を覗いたら、シューティングゲームの「KILEAK THE BROOD」(95年)を発見。これもねぇ〜...私ゃ当時は「攻略本」ってのを買う習慣がなかったので(っつ〜か、このゲームにそんなモノが存在していたかどうかも不明だけど)マップを自作した。

                       

                      そのファイルは、当時バリバリ使い倒していた「Apple Works」というアプリで作ってね。現在は通電だけ確保して保管している、昔懐かしい『iBook』に保存されている...って事は「プリントアウトできない」って事。だって、現在使っているプリンターのドライバーは「OS9」という、これはもうレガシー中のレガシーなOSなんかサポートしてないからさ。

                       

                      当時「PDF」というフォーマットは(多分?)既に存在していたはずだけど、Apple Worksは非対応だから、当然それに書き出す事もできない。さて、どうしたものか...画面を眺めて、iBookというハードウェア共々「いやぁ〜懐かしいよねぇ〜」で終わってしまうのか?

                       

                      「Apple Works」形式のファイルをSDカードにコピーして、そのまま現在使っている「Mac mini」に移して開こうと思ったんだが、期待したApple純正の「Pages」でも開けない。もちろん「プレビュー」でもダメ。いやぁ〜...私ゃ30年来のMacユーザーなんだから、救済措置くらい用意してほしいんだがなぁ〜。

                       

                       

                      ところがこの「Apple Wprks」は、PDFはダメだけどPhotoshop形式で書き出し可能だった。この形式で保存し直せば、ひょっとしたらMac miniの「Photoshop Elements」で開けるかと思って試してみたが...実は、これもNG...ションボリ

                      (´・ω・`)

                       

                      半ばあきらめかけたんだけど、でもこの書き出した(大昔の)Photoshop形式のファイルが、偶然「プレビュー」で開ける事を発見。本家「Photoshop Elements」がNGなのに、何でだよ?...と思いつつプリントアウトしたら、当時のまま実に滑らかに綺麗に印刷できるじゃないの!いやぁ〜救われたわ...やるじゃないの「プレビュー」!

                       

                       

                      かくして数時間かけて、地下15階までの15枚のマップをプリントアウトできた...つまり無事、データのサルベージに成功。おかげさまで、20年ちょい前に必死こいて打ち込んだデータが蘇った。んでもって「そうか、これで遊んでいた当時は、娘が幼稚園の頃だったのか...」という懐かしい思い出と共に、完璧に攻略できましたわ...めでたしめでたし。

                       

                      しかしこの「Apple Works」、実に良くできていたんだよなぁ〜。前身は「クラリスワークス」というアプリ(もちろんそれも、真っ先に購入して使い倒していたがね)なんだけど、とにかく「ワープロ」「表計算」「データベース」「お絵かき(ビットマップ&ベクター)」がシームレスで作業できて、1枚のドキュメントに収める事ができたんだよね。いやも〜当時は「音楽関連」以外は、何でもかんでも全てこれで作ってたよ。

                       

                      AppleはOS.X版を作る気はないのかな?...今更ないよな、当然。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:207 最後に更新した日:2017/04/23

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM