RSS | ATOM | SEARCH
大谷翔平サイクル安打

私ゃ今シーズンの昨日までは、MLBで活躍中の大谷翔平と余り相性が良くなかった...いや、もちろん元北海道日本ハムファイターズだし、北海道民のほとんどの皆さんと同様、いつも熱烈に応援はしてるよ。でも、なぜ相性が悪かったかというと...

 

エンゼルスの試合は、NHKのBS1やDAZN(こちらは、同じリアルタイムでもBS1の解説者が気に入らない人物の場合だったり、そもそも何らかの理由で見逃した場合も含めてだけど)でほとんど見ている。やはり現地の緊張(ハラハラドキドキ)感とともに見たいので、結果がわかっていてDAZNの見逃し配信で見るより、リアルタイムを重視したい。ところが、そのリアルタイムで見ている時に限ってだね...

 

「どうにも我慢できなくて、トイレで踏ん張って出てきたら、ホームランを打った後だった」「洗い物をしていて水道の音でテレビの音が聞こえず、ふと画面を見たら2ベースを打って2塁上でプロテクターを外していた」「ワケのわからん生命保険のテレアポが入って、ちょっとだけ付き合ってあげたら、いつのまにかヒットを打っていた」「階下から、朝ごはんだよ〜というウチのヤツの声がかかり、済ませて部屋に戻ったらタイムリーを打った後だった」等々...いやぁ〜も〜、昨日まではそんなのばっか(笑)ところが本日は...

 

この「MLB史上初の、日本人によるサイクル安打達成」という歴史的な全4打席を、全て見る事ができたよ!毎週金曜日は「午前中は、2階の掃除を念入りにする日」なので、試合前から「今日はDAZNの見逃しだな」と、半ば諦めていたんだけどね。

 

いつもどおり、試合自体は全て通して見れたワケじゃない。でも本日は「何かをやっていて、ふと手を止めてテレビを見たら」全て大谷がちょうどバッターボックスに立ったところで、その後ホームラン・2ベース・3ベース・ヒットだもの...途中現地で大規模な停電が起きたらしく、30分ほど試合が中断してくれたのも幸いしたかな?

 

 

今シーズンはオープン戦を経ずに「いきなり本番」だから、出遅れ感はあった気がする...でも、もう大丈夫かもね。これからも「SHO Time」を楽しみに、応援しますよ翔平君!

author:松っあん, category:ほぼ日記, 17:20
comments(0), -
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

過日「とうさん、(札幌)シネマフロンティアでやってるゴジラ、観に行かない?」と誘われて、昨日の日曜日に久しぶりに娘と映画を観に行った。映画館なんて1年半ぶりで、娘と二人で...なんてのも2年ぶりかな?

 

1950〜60年代のゴジラシリーズを含む「東宝特撮怪獣映画」への、マニアックなオマージュが随所に散りばめられた映画だった。

 

謎の新兵器「オキシジェン・デストロイヤー」が登場したあたりで、渡辺謙演じる「芹沢博士」は「身を呈して死亡」が決定。女性(中国系)の文化人類学者も、歌こそ歌わないが双子という設定...他にもあるけど、省略。

 

とはいえ、帰りの電車で娘に「ラドンが主役の映画ってあったの?」と聞かれたので「あるよ...俺が生まれる前の映画だけどな。最期は確か...自衛隊のミサイル攻撃で、阿蘇山かどっかの火山に封印されたはずだな」「あぁ〜それで今回は、火山から復活したワケね」「...あ、そうか...そうだよな。そういう事だよな」って感じで、娘の鋭いツッコミがなければスルーしてたかも知れないという...そんな「一度観ただけでは拾いきれない」のも、まだまだあるかも。

 

娘は「ゴジラが登場するシーン、どこを切り取ってもカッケェ〜♡」と高評価で、私も同感。特に「無敵モード(?)」にはびっくり。それに「ゴジラ」は(大魔神もそうだけど)やはり伊福部昭の音楽がよく似合う。今回は、あのテーマももちろんだけど「チューバ」を使った印象的なBGMも使われていたよ。しかし「格好良さ」とは別な意味で、私ゃやはり今回初登場した「キングギドラ」を取り上げないワケにはいかない。

 

 

「怪獣」は、宇宙から飛来したヤツを除けば、造形的には多かれ少なかれ「地球に存在する(存在した)生物」が基本になってるっしょ?だが、こいつは全く違う...神話の世界、そしてそれこそ「宇宙から飛来した生命体」という設定だしね。加えて、どんな映画においても常に「敵役」であり、圧倒的な威力を誇る存在。今回は、その貫禄ある立ち回りといい、凶悪な破壊行為といい...言い方はヘンかも知れないけど、神々しいまでに美しいシーンがふんだんにありました。こんなにCG映えする怪獣を、私ゃかつて見た事がない。「ギドラファン」の方(がいたとしたら)、必見です。

 

ストーリーは...どちらかと言えば、どうでも良いです(笑)「人類にとって、非常に迷惑な夫婦喧嘩」を中心に、話は進みます。

 

キングギドラを倒したゴジラに、タイタン(怪獣)たちが頭を下げるシーンは、必要だったかなぁ〜。で、エンドロールが終わり、最後の最後に「次回作は、キングギドラのクローン(あるいは、メカギドラとか?)が登場するかも?」みたいな締めくくりだったよ。

 

1954年公開の第1作「ゴジラ」に登場した「山根博士」と「芹沢博士」を足して2で割った...みたいな存在だった人物(渡辺謙)が死んじゃったから、あとはもう「やりたい放題」でしょ。今後の展開が楽しみ...ってか、あのエンドロールが終わってからのシーンを見ると、不安の方が大きいか?

 

まぁ何だかんだ言って、何も考えず落ち着いて楽しめたよ...あまりハラハラドキドキ感がないように感じたのは、歳のせいなのか?(笑)もちろん、このテの映画ではお約束の、思わずツッコミたくなるシーンも満載だったけど、それを言っちゃぁ〜おしめぇ〜よ。

 

とにかく、私の場合シニア割引で1,200円という値段に見合った、娯楽超大作だった。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆★★

 

札幌シネマフロンティアの「スクリーン8」は初めてだったけど、ド迫力の映像とともに、音響がまたモノ凄く良かった。イオンシネマ小樽の「7番」もそうだけど、これはもう「絶対に家庭内では味わえない」体験ができると思う。いやぁ〜、素晴らしい環境の中で観れて、良かったわぁ〜

 

ただし、ホットドッグは「イオンシネマ小樽」の方が好きかな?

author:松っあん, category:映画やドラマとか, 12:38
comments(0), -
元農水省事務次官長男刺殺事件

先日更新するつもりで、下書きを完成させた記事があった。でも今週は身の回りに何だか色々とありすぎて、下書きを優先すべきか大いに迷ってね。結局、全然違うのを取り上げるんだけど...

 

いやしかし、痛ましい事件は続くものだよ...そう、元農水省事務次官が、自分の長男を刺殺した事件さ。事務次官といえば、国家公務員のトップだよね。そんな彼が、なぜ?

 

一連の報道を読む限り、この事件の被害者である長男は、私が思うに...

 

44歳にもなって「猫と世間は思惑通りにならない」という事を受け入れる事ができず「魚が釣れないのは魚が悪いのであって、俺は何も悪い事はしていない」という考え方の持ち主だったのは確かだと思う...例えが適切でないかも知れないが、私の思いつきなので勘弁して(...って、年齢以外は拙ブログ「川崎20人殺傷事件」からの、丸まんまコピペだけども)

 

とにかく、そんなヤツだったんだろう...今回は加害者ではなく被害者だけどね。ただ今回は、殺した父親にも同じ事が言えまいか?

 

私も人の親であり、この加害者である父親の気持ちは解らないでもない。普段から家庭内暴力をふるい、近所の小学校の運動会の音に腹を立ててるようなヤツには「こいつも川崎の事件のように、問題を起こすかも知れない」「周囲に迷惑をかける前に、親として責任を持って、災いの元を断つ」という思考。

 

自分自身が背負ってきた肩書きのせいでプライドがあるせいか、その家庭内が崩壊していても、どこにも相談していない。身内に引きこもり者がいるのは、世間に対して恥...と思ったんだろうか。でも、例え親といえども「息子本人の意思とは無関係に命を絶つ」権利はないと思うよ。ないとは思うが、普段の家庭内の状況は、私の想像の限界を超えていたんだろう。

 

 

例え「殺人」であっても「自首(自分で通報)している」「前科もない」「情状酌量の余地がある」のであれば「刑の軽減」もあるかも知れないし、ひょっとしたら執行猶予の可能性だってないとは言えない。ただし...この父親の場合は、凶器も準備した上で「殺そうと思って殺した」ワケだから、検察はどう断罪し、裁判官はどう判断するかな?

 

加害者も被害者も「ある意味悲惨な」事件だよね。

author:松っあん, category:ほぼ日記, 18:54
comments(0), -
Stamp Band LIVE上映会

6月1日(土)はStamp Bandのキーボードrikaちゃんちで、過去2回のライブの時に撮った動画の上映会を開催。今回は、昨年12月にA.LIVEでやった「正真正銘5周年記念LIVE」と、本年3月にゴールドストーンで開催された「3.11支援ライブ」の2本立て。

 

このバンド、2013年にデビューした当時とは、全く別モノになってるね。特に何年か前から、十分に実績のあるボーカル「さりぃ」ちゃんが参加して「Stamp Sisters」という形が定着してからは、ステージ運びの定番が確立して素晴らしい進化を遂げている。

 

ボーカル陣で言えば、やはり倉田氏の存在も大きいね。何をやるにせよ、彼のシュアなボーカルが入る曲がないと、ステージ運びの組み立てができない。結成当初から(そもそも、ず〜っと昔っから)の信頼できるメンバーだし、私の無茶振りに応えてくれてホントに助かってる。いつも「坂本冬美」路線と「スリーディグリーズ」路線をどう繋げるか、迷いどころだからね。

 

 

あの時はどう、この時はこう...と、爆笑の話題には事欠かない上映会だった。このバンドに参加していつも思うのは「大人の学芸会的な雰囲気が楽しい」って事。音楽的に実績がある人もない人も、みんなで楽しいステージを満喫する...これ、中々できそうでできない事だと思うんだよね。

 

この時上映した兄貴が製作したDVDは、彼がメンバーそれぞれに配布してくれてね。今日まで何回観た事か...何回観ても楽しいね。

 

rikaちゃんの手料理含めて、色々たくさんご馳走になった。久しぶりに普通の缶ビール「アサヒ・スーパードライ」を飲んだし、普通の麦焼酎「いいちこ」も飲むことができて、すっかり酔っ払っちゃたわ。

 

ここ1年ばかり「税込108円の缶チューハイ」とか「2ℓ798円の紙パック焼酎」ばっか飲んでたので...「普通の酒」って、酔うな(笑)

author:松っあん, category:ライブやイベント, 21:41
comments(0), -
川崎20人殺傷事件

今回の不条理極まる事件に遭遇し、不幸にも亡くなられたお二人のご冥福をお祈りし、ご遺族の方々に心からお悔やみ申し上げます。また、被害に遭われた多くの方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

いやも〜...ひでぇ〜事件だよ、全く。

 

「犯人が事件を起こしたトリガーは、何だったのか?」という点は、本人が死んじまったし、極端に情報が少ない私生活を送っていたらしいから、これは永遠に解らんでしょ。

 

でも、私が思うにコイツは、51歳にもなって「猫と世間は思惑通りにならない」という事を受け入れる事ができず「魚が釣れないのは魚が悪いのであって、俺は何も悪い事はしていない」という考え方の持ち主だったのは確かだと思う...例えが適切でないかも知れないが、私の思いつきなので勘弁して。

 

 

とにかく、犯人が「どういう生い立ちだった」かなんて一切関係ない。ヤツには1ミクロンたりとも同情しないし、絶対に許せん。が、「許せん!」と机の上を叩いたとしても、虚しい限りだ...張本人が、勝手に死んじまったんだから。

 

誤解を恐れずに言うなら「是非一命を取り留めて、死刑になって欲しかった」って感じかな。「やる事だけやったから、あとは死ぬわ」じゃぁ、巻き込まれた何の落ち度もない方々が、余りにも気の毒すぎる...史上稀に見る「サイテーのフザけた野郎」だぜ、こいつ(私の記憶では、十数年に長崎のスポーツジムでショットガンを乱射して目的を遂げ、自殺したヤツに匹敵する)

 

亡くなられたお二人は、さぞ無念だったでしょう...南無阿弥陀仏

author:松っあん, category:ほぼ日記, 17:27
comments(0), -
メッシュキャップ

何か知らんけど、先週末から昨日にかけて、とにかく日中はめちゃくちゃ暑かったよね。

だから、まさかこの時期に引っ張り出す事になろうとは夢にも思わなかったアイテムがこちら...モンベル(mont•bell)の3Dメッシュキャップ。例年なら6月に入り、日中の気温が25℃を超える日がぼちぼち現れる頃に被り始めるんだけどね。ウォーキングやジョギング用で、普通の街中(まちなか)への外出時には被らんけど。

 

 

メッシュキャップと言っても、普通は両サイドか前面以外がメッシュになっているのがほとんど。でもこれ、四方が全部メッシュになってるんだよね。意外と遮光してくれるし、もちろん風通しも良い。これを前後逆に被って、ツバで出来る日陰を利用して、首筋を冷却しながら「えっちらおっちら」ってのが定番のスタイル。当地では、いくら外気温が高くても、日光が当たらない所に吹く風は涼しいからね。

それに、頭の皮膚が直接当たるキャップの内側の部分が、チクチクしないのが抜群に良い。何せ、私の頭部は全周囲皮膚で「髪」というクッションが存在しない。だから綿とかだと、チクチクして痛痒くてたまらん。その点これは、全くそういった事がないので助かってる...どういう素材でできているのか知らないけど。

 

私ゃ40代の頃には既に「スキンヘッド」にしていてね。大体は皆さん、夏場なら「涼しそうで良いねぇ〜」って反応...しかし、さにあらず。こういうヘアスタイル(?)って「直射日光も大寒波も直撃」...いやぁ〜助かってますよ、このアイテム。

 

ただし、これ...普通のこういうキャッブ同様、後頭部の部分に半円形の切り欠きがあり、サイズ調整用の平たいヒモみたいなのが付いている。何年か前に、いつものように前後逆に被って、ものスゴい日差しの中を「えっちらおっちら」含めて、半日ほど野外にいた翌朝...

 

顔を洗った時に、おでこに「半円形」の日焼けができている事に気がついた。スキンヘッドだと、尚更マヌケに目立つ(笑)...今年もそんな日は、これを被った時の屋外活動時間に気をつけねば。

author:松っあん, category:雑貨・小間物等, 17:23
comments(0), -
小さめのフライパン

毎日のように昼飯を自作している身なんだが、ある日ふと「一人前の料理を作るのに、普段ウチのヤツが使っているフライパンは大き過ぎじゃないか?」と思い始めてね。何せ、作って食べるのも私一人だし、後片付けも私一人だから。

 

一家三人分の夕食のおかずを作るために最適なフライパンなら、一通り揃っている。でも、何を作るにも「一人前」が前提の昼飯用に使うには「牛刀を持ってナントカ...」ってイメージ。も〜その概念に囚われ始めたら、居ても立っても居られない...「これは、一人昼飯用に自分が使うフライバンを購入した方が良いかな?」「いや、購入した方が良い」「いやいや、絶対購入するべきだ!」という、半ば「強迫性障害」みたいになってしまったかのような自分がいたりする(ウソだけど)

 

で、この度「小さめのフライパン」を購入(ティファール・チタンプレミア5層コーティング・D55102)...直径20cm。

 

 

比較対象を同時に写すのを忘れたので、この画像じゃピンと来ないかも知れない。でも、普段ウチのヤツが使っているものよりふた回りほど小さくて、まさに「一人昼飯用」って感じ。

 

そもそものきっかけは、いつぞや数年ぶりに、やたらめったら「天津飯が食いたい」と思った事。で、早速作ってみたよ「天津飯」

 

 

数年前は、大袈裟な中華鍋を傾けて適度なサイズに形成していたのと比べて、何も考えなくても「サイズ的にちょうど良いカニ玉」ができる。ただし...作って食べたは良いが、懐かしい感動を呼ぶような味ではなかった(画像の見た目通りって感じ)

もちろんそれはフライパンのせいではなく「昔の味への過度の期待」からなんだろうけどね。ひょっとしたら「あん」の成分に、何か一つ加えるのを忘れたかも知れないし(笑)まぁ何を作るったって自己責任だ。不味くて喰えたもんじゃないワケじゃないから、これはこれで良しとする。

ちなみに、グリーンピースの代わりは冷凍の枝豆。本番前につまみ食いして消費したのを含め、それでも「カニかま」が約半分ほど残ってるけど、「天津飯」に再挑戦するかどうかは未定(サラダに投入して、消費しちゃう可能性大)

 

とにかく「一人前の炒め物用」としては、使い勝手が良いツールが手に入った。「キャベツ」や「もやし」のような嵩張る素材はムリだけど、「ソーセージ系」や「かまぼこ系」あるいは「目玉焼き含めた卵系」とかを一人前炒めるのには、ちょうど良いサイズ。「ニラ玉」なら、ギリOKかも知れない。「カニ玉」がOKなんだから、オムライス(堅焼きじゃないヤツ)も大丈夫だろうな。収納も、場所を取らないしね。

 

とはいえ取説にも書いてあるけど、このテのフライパンの「何とかコーティング」は消耗品であり、焦げ付き始めたら廃棄するよね。という事は、消耗したコーティング素材はどこへ消えるのか?仮に体内に蓄積されるとしたら、何か影響があるのか?少々気になってきた...「確実に老い先が短くなっている」この歳になって、今更だけど。

author:松っあん, category:雑貨・小間物等, 17:04
comments(0), -
やっとかNight2019

AYA with HOT&COOLは、土曜日(18日)小樽市ゴールドストーンで開催された「やっとかNight 2019」に出演。

 

私たちも最近は毎年出演しているけど、このイベント自体はもう20年くらい続いているそうな。会場はあちこち変わったけど、ゴールドストーンで開催されるようになってからは3年目かな?

主催者バンド「みすちばす」はじめ今年も多彩な顔ぶれが揃って、会場で聴いていても楽しかった。

 

The Light

Through The Fire

Dance with Me

Pain

Somebody else's Guy

Superstition

 

いつも思うんだけど、こんな音響の良い一流の立派なハコを借りれるなんて...小樽のバンドは幸せだな。

 

さてAYA with HOT&COOLは、今年も7月開催の野外ライブ「おたる☆浅草橋オールディーズナイト」にエントリーした。ただ来月、ドラムのBukiちゃんの会社の人事異動があって、彼がどこへ飛んでいくのか予断を許さない状況になっている。バンドのリハや本番に通勤(?)可能な所なら何とかなる(現在は札幌)かも知れないが、転勤先は全国区...さて、どうなる事やら。

author:松っあん, category:ライブやイベント, 08:38
comments(0), -
線路は続くよ...

私ゃどういうワケか、幼少(言い換えれば、ガキ)の頃から「鉄道」や「自動車(や、働く自動車)」には全く興味がなかった...男の子であれば、普通一度はハマるカテゴリーらしいんだがね。

 

小学生の頃、部屋中にプラレールを敷きまくって小さな電車(?)を走らせては、それを目を輝かせて眺めていた友達がいた。遊びに行く度に、私に「これはナントカ系のカントカ」みたいな解説をしてくれてたな。でも、残念ながら私は全く興味がないので「ふ〜ん...へぇ〜...」って、適当な相槌を打ってたよ。「それよか、早く外でビー玉やろうぜ...」みたいな感じ。

 

まぁ「乗り物」系には、全て興味がなかったワケじゃない。当時、何にハマっていたかは後日(...たぶん)

 

30年来、通勤・移動手段としてJRを利用してきた。個人的に鉄路は、単なる「日常生活に不可欠な道具」に過ぎない。でも、それでもこういうシーンを見ると...

 

 

走っている電車や気動車が何であれ、とりあえず「鉄道の旅」をしたい気になるなぁ〜。真っ直ぐに、どこまでも続いているような印象を受ける鉄路...「線〜路は続く〜よ〜、ど〜こまでも〜♪」って感じがしませんか?

 

ちなみにこれは、いつものウォーキングコース途上の踏切で撮ったものです。

 

ただね、鉄旅も良いけど、喫煙者には厳しい現実があるからなぁ〜...それに、日程的には余裕ありまくりだけど、金銭的余裕はもはや全くないという(笑)

author:松っあん, category:夏炉冬扇, 16:19
comments(0), -
母の日

本日は母の日だよね。

 

先週5月5日にMotoGPスペイングランプリがあったんだけど、優勝したマルケスにとっては母国グランプリ。んで、レース後のインタビューで、こう答えていたそうな...

 

「今日は母の日なので(スペインでは5月5日が母の日だったらしい)、優勝は母に捧げます。大切な人ですからね。美味しい食事を作ってもらい、いつも色々と気遣ってもらってるんです。もちろん、スペインのすべてのお母さん達に母の日のお祝いの気持ちを送りたいですけどね」

 

 

一般的には皆さん「中々気の利いたことを言うじゃないの」って感じなんでしょうが、私ゃちょっと違っている。特に、自分のオフクロに対して「大切な人」とか「かけがえのない人」という感じを抱いた事がないんだよね。もちろん、今でも好きになれない...そもそも私が中学生以降結婚して家を出るまで、ロクにオフクロと会話した記憶がないんだよ。

 

思い当たる原因はいくつかあるんだけど、今回は具体的に書かないよ。まぁ要するに、常に「自分の生んだ男の子なら、かくあるべき。そこから逸脱した行為は許さん」って感じだったんだよね...「あなたがいるのは、わたしのおかげ」という面を、前面に押し出してた人なのさ。

 

まぁそんなオフクロも、来月は84歳だ。真顔でボケをかます機会が増えたとは言え、とりあえずは健康体(っていうか、多病息災って感じか?)一応長男として、何かあった時は責任を持って面倒を見る覚悟はしているけどね。

author:松っあん, category:ほぼ日記, 20:31
comments(0), -